元々タイガースファンだった私が、今から20年近く前にパ・リーグの野球を知りのめりこんで行きました。一時期は南海ホークスにハマり、門田選手見たさに大阪球場の左翼席に幾度と足運んだこともあります。
左翼席に陣取ると、門田選手のアーチがきれいに拝めたからです。

その後ホークスの九州移転とか(逃げられた思いが強かった)、当時強かったバファローズの存在もあって、だんだんバファローズに傾倒していきました。

南海ホークスの歌は今でも一番だけなら、歌詞カード無しでも口ずさめるな、と。


リンク:通勤電車の中で日々オモウコト


昭和63年当時は、パ・リーグ球場の外野席はとても牧歌的だったことを憶えています。大阪球場だけでなく藤井寺や西宮ものんびり拝めました。
決して応援を許容されることはなかったです。