テレビ観戦でしたが、久しぶりに見てて興奮した試合でした。
コウベはFWでトヨタに負けていなかったし、BKへの球出しも早かった。そしてあのザルディフェンスが修正されていて、BK陣もナイスタックル連発でした。逆にトヨタは反則が多かったように思いました。(廣瀬選手は絶好調でしたが…。)
圧巻だったのはコウベ4点リードの後半41分にトヨタのレアウェレ選手がコウベ陣内をトップスピードで突破。大畑選手が慌てて戻りレアウェレ選手にタックルし倒すんですが、ボールはアイイ選手に繋がり、あわや逆転トライかと思われましたが、ゴールラインギリギリで新人SH後藤選手がアイイ選手に追いつき必死のタックル。アイイ選手はゴールライン手前僅か数十センチでノックオン。ボールこぼさず、手を伸ばしていたらトライでした。ぎりぎり逆転トライは免れました。

この日の瑞穂はほぼ満員でした。
手に汗握る好ゲームに生で見られたかたも満足されてスタジアムを後にされたと思います。

◆10月16日 瑞穂ラグビー場

トヨタ自動車 23−27 神戸製鋼

リンク:試合結果@ラグビー・トップリーグ公式サイト

なおコウベは、今後はサニックス戦(23日@近鉄花園)の後、NECとの一戦(29日@近鉄花園)。
負けられないです。