マリーンズが3戦3連勝した今年の日本シリーズですが、とあるサイトに元バファローズ投手の加藤哲郎さんへのインタビューが載っていましたので、ご紹介します。

加藤さんはあの「巨人はロッテ以下」で有名になりましたが、彼はそのこと自体は口にしていなかったんですけどね。ただそれに近いことは口にしていた。私自身も油断はあったし、彼を責められない。また、あの当時、彼のチームメイトだったある解説者のかたも「われわれも浮かれていたし、彼を責められない」と云っていましたね。
96年、ブルーウェーブの監督だった仰木さんが、日本シリーズを迎えるにあたって箝口令を引いたのは、あの苦い経験があったからでしょう。

”情報操作”の怖さを痛感した一戦でした。

リンク:記事にされた人たち 加藤哲郎さん
http://www.ne.jp/asahi/nagumo/kaito/people/011-ka/011ka.htm

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。