プロ野球の日本シリーズも早々に終幕し、今週末のJリーグには集中して拝めると思います。
今節は気になるカードは以下の3つですね。

FC東京対ガンバ@飛田給。
セレッソ対鹿島@長居。
浦和対川崎@埼玉。

まずは土曜日の浦和対川崎。川崎は強力な攻撃陣で6連勝。浦和も柏戦、大宮戦で攻撃陣が爆発したので。今回の対決はみもの。ノーガードの撃ち合いになりそうな予感。なお会場の埼玉スタジアムはアウエー席が余っているそうです。
ガンバを迎え撃つFC東京は前回の万博で大黒選手の個人技に衝撃的な敗戦を喫しているので、今回は負けられないと乗り気のはず。ガンバは宮本選手の負傷による戦線離脱に、二川選手、渡辺光輝選手など故障者続出。FWも大黒選手は絶不調だし、FC東京からすれば前節の雪辱を晴らす絶好の機会が訪れた訳です。
鹿島は”なぜか苦手”のセレッソと。セレッソが鹿島を得意にしているというよりあくまで鹿島がセレッソを苦手にしているという。あの強い鹿島がセレッソを相手にすると、過剰にラフプレーが増えたり、プロレス技がいっぱい見れたり(笑)、とにかく自滅していくんです。なぜそうなるか、何度も対戦しているか未だに解らないです(笑)まあ変な欲をもたずに、ただただ「鹿イジメ」に徹すれば自ずから結果は見えてくるでしょう。