◆1月22日 秩父宮ラグビー場

東芝府中 38−7 神戸製鋼

戦前から予想された展開でありましたが、FWもBKも何もかも府中が上回っていました。
神戸にもトライ出来るチャンスは幾度かありました。ただ22mラインすぎてからミスを犯し、得点機を逸してました。
力に差のある府中に対して、神戸はもっと相手ラインの裏をかいて、キックでボールを転がして、両ウイングを走らせるとか見たかったです。
元木選手や(後半から途中出場した)野澤選手など孤軍奮闘した選手はいたんですが。

府中は、とにかく抜け目なかったです。体がよく動けていました。
粉骨砕身やった。

リンク:
試合結果@トップリーグ公式サイト
村上晃一 ラグビー愛好日記

そんな中、バックの神戸応援団はずっと声を出し続けられていました。
今季はこの試合で終了。リーダーの高田百歩さんはじめ、ごくろうさまでした。
関東な秩父宮でしたが、神戸を応援されていたかたが多かったかたです。
そのかたがたの声援に応えるためにも、来季に備え、鍛え直してほしいです。
・・・とりあえず、焼肉20人前から(をいをい)

あと試合開始までに、近くの高校、大学のラグビー部員さんや協会関係者のかたがたの懸命の除雪作業のおかげで無事試合は決行されました(以下、画像の通り)。除雪作業、ごくろうさまでした。

20060122秩父宮120060122秩父宮220060122秩父宮3







あと、画像とレポートですが、当日観戦をご一緒した新井園本店さんのブログにも観戦記が詳しく掲載されています。

リンク:いてまえの魂、青と黒の誇りを胸に