◆3月4日 万博記念競技場

G大阪 1−1 浦和

【得点者】ワシントン(浦和)、加地(G大阪)

試合開始早々に浦和が先制。その後も前線の3選手を中心に何度もガンバゴールに遅いかかったんですが、この日はGK藤ヶ谷選手の相手選手のスパイクを顔面にウケながらも果敢に好セーブを続け、CBシジクレイ選手は獅子奮迅の活躍で、浦和の加点を許しませんでした。
また右サイドで先発出場した加地選手が豊富な運動量で右サイドを上がり下がりし、後半20分台には豪快なシュートで8人で守る浦和から同点ゴールを決めました。
ガンバはやはりアラウージョの離脱は大きいですね。もしアラウージョ選手がいたなら、するすると抜け出てゴールを決めていっただろうなというシーンが多かったですね。
ともあれ、幾度も失点の危機を免れたガンバ。試合後の観戦した知人らと呑みに行きましたが、ご一緒したガンバサポーターのかた曰く

「きょうは負けなくてよかった。」

この日は指定席だったので試合開始30分前のJR茨木駅からのバスで会場入りしたのですが、バスは空いていました。自由席なかたが殆どだったので、早めに来場されたのでしょう。
いつもはクルマを南駐車場に駐車し、会場入りするのですが、その南駐車場は、クルマでやってきた浦和サポーターが多かったとか?
会場のアウエー側入り口は浦和サポの列が長くのび、その列は中央環状の立体交差を超えたほどだったそうです。そのため予定より1時間早く開門となったそうです。

20060304万博120060304万博220060304万博3

万博記念競技場は大阪空港からモノレールで1本ですし、JR新大阪駅からも近いここともあり、遠地からのアクセスは抜群。試合後、赤いジャージのみなさんは、御堂筋線で新大阪で降りて行きましたが(そのまま新幹線で帰京されるのでしょう)、せっかく大阪まで来られたんですから、試合後のサッカー談義でも一杯かわしながらしていただければと思いますね。

低迷する大阪経済が少しでも潤いますから(微笑)


で日曜日はセレッソの開幕戦。
名古屋までいってきます。