ef493f69.jpg土曜日の夕方はワッハ上方レッスンルームでの林家染左さんの会へ行ってきました。

この日の演目は次の通り。
「犬の目」笑福亭呂竹
二人ぐせ」林家染左
替り目」桂つく枝
写真の仇討」林家染左
(中入り)
植木屋娘」林家染左

レッスンルームはワッハ上方の7階にあり、50人くらい入れば一杯の座敷です。レッスンルームというのだから、普段はつまりお稽古場として使われているのでしょう。
開口一番は(千葉ロッテマリーンズファンの)笑福亭呂竹さん。昨年の彦八まつり@生国魂神社でのスポーツチャンバラでは渡辺俊介投手のユニフォームを羽織ってのぞみ、みごと優勝したそうです。(→参考ページ
が、この日の呂竹さん、マクラから呂律(ろれつ)が回らないのが見受けられました。当然額に汗、汗。茹で蛸状態でした。
この日のゲストは文枝一門からつく枝さん。マクラでの汗かき話には大いに同感。太っている=汗掻きはイコールでないと思うのですが・・・。そのつく枝さん、
この日の「替り目」は時間の関係で途中までの口演でしたが、好演でした。

染左さんは三席を熱演。「写真の仇討」は染左さん自身”けったいな話”といっていましたが、確かに。写真に刃物を突き刺すなんて(笑)
残る2席も爆笑でした。染左さんは、メリハリ効いてて聴きやすかったです。

その染左さんですが、阪大の出身で、郷土資料館の学芸員を経て、染丸さんに入門されたそうです。

リンク:
卒業生の活躍@大阪大学/文学部
桂つく枝の満腹日記