きょうは外出していたので、その帰りのクルマの中で東京ドームからラジオ中継を聴きました。
KBS京都が文化放送の実況中継を放送していました。解説は豊田泰光さん。バファローズファンからとっては、あのにっくき(笑)ライオンズナイターの豊田さんです。
相変わらずの辛口でした。
マリーンズ2点リードの4回裏、先頭打者の左前安打を左翼ベニー選手が無理にノーバン捕球しようとして、獲れなくて後逸。結局三塁打にしてしまったのですが(まだ映像を見ていないのでアナウンサーが実況したことを売る覚えでここに記しているだけです、間違っていたら指摘を)、豊田さんは「無理して捕球にいくより、後逸したときのリスクを考えろ。場面の状況を判っていない。」とピシャリでした。それがもとで形勢が変わり、ジャイアンツに同点を許してしまいました。
そして、5回裏には昨年までマリーンズな李選手が2ランでジャイアンツ勝ち越し。ラジオでもわかるくらい、マリサポから李選手へのブーイングが凄かったのですが、それが逆に発奮になったのかな?

その後、メシ食って、休憩して、再びクルマに乗り込んでラジオを点けると、マリーンズが同点に。
ジャイアンツは100球メドの工藤投手を引っ張ったようですが、それが裏目に出たようですね。1点リードからサブロー選手にソロを打たれてから形勢が逆転したようです。
試合はその後、同点のまま延長10回表にマリーンズが3連打で2点を挙げ(ベニー選手はこの日2打点。4回のミスは帳消しなんでしょうか?)、その裏を小林雅英投手が締めました。

豊田さん曰く「強いのではなく、ただ勝っているだけ」のジャイアンツは2位のタイガースに順位を抜かれたようです。明日は日曜日なので「おはよう朝日」なくて助かりました(苦笑)。明日が月曜日だったら関西の一部マスコミは大騒ぎしていたことでしょう。

◆5月27日 東京ドーム

ジャイアンツ 4−6 マリーンズ

リンク:
日刊スポーツスコア速報<ジャイアンツ−マリーンズ>

P・S
東京ドームの中継を聴きながら、途中でラジオ大阪に選局すると、神戸のオリックス・バファローズとベイスターズの試合をやっていたのですが、丁度9回裏最後の場面で、ベイスターズのクルーン投手から、清原選手が逆転サヨナラ満塁(しかも釣り銭なし)本塁打を放っていました。ラジオ大阪の松本アナは声が裏返るのではないかと思うほど驚きの実況をしていました。試合直後の清原選手は興奮した様子で”喜色満面”(もちろんラジオなので想像ですが(笑))で「今まで野球を続けてきてよかった」と云っていました。

◆5月27日 神戸・スカイマークスタジアム

オリックス・バファローズ 7−6 ベイスターズ



リンク:日刊スポーツスコア速報<オリックス・バファローズ−ベイスターズ>