bf916a66.jpgきょう17日の午前は行きつけのディーラーさんにて溝がすり減っていた自家用車のタイヤを交換しました。

交換したタイヤは所謂純正タイプのもの。交換後にディーラーさんを出ると、大粒の雨。早速交換したタイヤのグリップ力を実感できました(微笑)

クルマのメンテといっても、気を付けているのはタイヤ、オイル、バッテリーと運転する前に視界(フロントガラスの汚れをとる)ことくらいです。
タイヤに関しては空気圧はマメに見ているほうです。GSでガソリン給油時についでに見てもらえるしね。
自転車のタイヤもそうですが、実際に減ってくるとそれだけ漕ぐ力がかかる。それだけエネルギーを必要なわけで。燃費(つまりコスト)がかかる訳ですし、パンクもしやすくなります。自動車の場合は自転車の危険性とは比べモノにならないわけで。
なお、以下のタイヤセーフティ体験記ではブリヂストン社が主催している一般向けドライビング・レッスン「タイヤセーフティ」の体験レポートが載ってて、その中で空気圧の違うクルマでのコーナリングでの運動性能を比較しているのですが、明らかに空気圧が低いと視界が低くなるという結果を出していました。

リンク:
タイヤセーフティ体験記@Driving Future
タイヤセーフティ@ブリヂストン

クルマにカネが必要な箇所はそれくらいで、それ以外についてはカーナビも付ける気はないし・・・ただ某カー用品店で見た地デジのカーTVにはそそられましたが(笑)、でもサッカーW杯終わったら、たぶん見る地上波の番組は少ないだろうし。BSかスカパー!をクルマで見られたら有り難いけど、モバHOは見たいコンテンツがあまりなかったような。

リンク:モバHO!

で、前述の行きつけのディーラーさんの私の担当の営業スタッフさんが、大学までサッカー経験のあるかたでして、タイヤ交換の間はW杯のお話を。アルゼンチンの18歳FWメッシ選手の運動能力とスキルの高さを(元競技者の目から)解説していただきました。いやあW杯開催中のこの時期に聞けてよかった。
あとスタッフさんは、南米予選のアルゼンチンvsブラジル戦を観たときに、アルゼンチンが(ドイツ本大会を)優勝するんじゃないかと予想したそうです。あのブラジルと交えて2対0の結果でしたからね。
あと日本時間22日(木曜日)午前4時キックオフのC組アルゼンチンvsオランダ戦は要チェックですよ、と。あとイタリアも注目だそうです。

アルゼンチンが1位抜け(ブラジルはおそらく1位抜け)すると決勝戦でぶつかるので、2位で準決勝でブラジルと当たって欲しい気もしますが。
それにしてもアルゼンチンですが、金曜日の攻撃力もさることながら堅守も凄かったですね。あれをこじ開けられるチームはあるかな?