67d059be.jpg先日(まだW杯期間中でした)に仕事帰りに寄った梅田阪神百貨店の地下で、ドイツのビールを買いました。
買ったのはケストリッツァーのシュヴァルツビア(黒ビール)の瓶とベックスの缶です(ともに330ml入り)。
#Schwarzbier=シュヴァルツビアは私は最初に憶えたドイツ語の単語になります(笑)

阪神百貨店の売場では日本産を含めた各国のビールが冷やされていたんですが、ドイツのビールは、この2種類だけでした(あとはドイツ産はノンアルコールのが1種類ありました)。海外産ではベルギー産のが多く扱われていました。日本ではドイツ産はメジャーでないのか?

帰宅後冷やして呑みました。
ケストリッツァー(Koestritzer)はちょっとほろ苦くビターチョコみたいでしたが、濃い割りには口当たりが良かったです。グラスに空けて呑みましたが、泡立ちもクリーミー。何年か前「アワまで旨い」と謳ったビールのCMがありましたが、これこそ「アワまで旨かった」です(微笑)
なおこれは瓶ビールなので栓抜きが必要。スタジアムで呑むには不便かも?

あとベックス(Beck's)は日本でお馴染みのキレのあるさっぱりした味でした。スーパードライが大好きな人はこちらのほうがいいかも?

私はケストリッツァーが気に入りました。で、後日、また梅田のデパ地下に行ったら、阪神より大丸梅田店のほうがケストリッツァー1本の値段が40円安かったです。なお価格は阪神が1本370円。大丸梅田店は1本330円(ともに税抜き)でした。

リンク:
・ドイツビールのおすすめ(http://www.beer-german.com/
WM2006ドイツの旅〜うまいビールに3ユーロを惜しむな〜@Nakanishiya-weblog 日々是あれこれ


追伸
さてビールと一緒に食した料理は、もちろん本場ドイツ料理でなく、The Osaka's TASTEなお好み焼(笑)。キムチを混ぜて焼いたので、日韓友好(融合?)の味でした(爆)

名前だけはあちらな”シャウエッセン”をボイルしようかと思いましたが。