笑福亭鶴瓶さんが師匠である六代目笑福亭松鶴さんの邸宅跡に「帝塚山無学」という多目的ホールをこしらえ、そこで定期的に「無学の会」という会を開かれています。

先日22日に開かれた「無学の会」には、昨年10月に脳血栓で倒れ、高座とテレビ番組の司会から離れていた三遊亭圓楽さんが登場。1年ぶりの高座復帰を果たされたそうです。

朝日新聞によると、高座では古典の大ネタ「紺屋高尾」を披露。途中人名が出てこない場面もあったそうですが「忘れました」と正直に言って聴衆の温かい笑いを誘ったそうです。
また圓楽さん出演を知った桂文珍さんが飛び入り参加し、「風来坊」を披露されたそうです。
桂文珍、笑福亭鶴瓶、三遊亭圓楽

「無学の会」は一度行ってみたいのですが、チケとりずらくて(苦笑)。

「無学」は阪堺線の東粉浜の近くにあるんですが、あの界隈は落語の舞台にありそうな情緒のあるところです。散歩がてらに行ってみてもいいと思いますよ。


リンク:
円楽、1年ぶり高座に復帰 入院前のネタでリベンジ@朝日新聞
笑福亭鶴瓶公式サイト「つるべ.net」
阪堺電気軌道