20061118田辺寄席18日は落語会のハシゴ。昼は田辺寄席に行って来ました。
会場ではLindaさんも来られていました。
あと受付で、世話人のかたから声をかけていただき「ブログ拝見しています。・・・精力的に見ておられますね。」旨のこと云うていただきました。
ありがとうございます。恐縮です。


この日の演目は以下の通り。

「開口0番〜文太の前噺」
浮世根問森乃石松
淀川桂丸福
「四○五号笑呆亭『初天神』から」桂文太
(中入り)
「笠碁」桂福楽
「日本の奇祭」桂小春團治
(抽選会)文太・石松
三味線:花登益子
お茶子:上垣麻衣子


会場に入ると、文太さんの前噺が始まっていました。この日のお題は「YS11」。飛行機にまつわるお話でした。

前座は森乃石松さんの「浮世根問」。前噺で文太さんが「若いウチにこういう噺をきっちりやっておかないと・・」旨の噺をされていました。
私自身「浮世根問」は初めて聴く噺でしたが、石松さん明るさはあるものの、間が悪くて噺家として今後精進、精進でしょうね。

石松さんの後は、丸福さんの「淀川」。江戸落語では「後生鰻」が相当だそうです。
マクラで丸福さん曰く「この噺はあまり笑うことがあるので、こちら(上方)ではあまり演る人がいない」旨のことを仰ってましたが、どうしてどうして。噺が進むにつれてのエスカレートの面白さがあり、愉しめました。ただ最後(サゲ)が、現代の世相を彷彿とさせ、えげつないなあ・・・。
この噺は私自身は、何度か聴いたことがあるのですが、この日ネタと題名がやっと一致しました(笑)

文太さんは観客参加のクイズ「笑呆亭(しょうほうてい)」にのぞみ、「初天神」を口演されました。軽妙な語り口の文太さんによって、初天神へ行く親子のやりとりにおかしさがあり、子供の生意気ぶりもよかった。文太さんの旨さが光りました。
クイズは天神さんの縁日で親子が買ったみたらし団子の蜜を全部舐めておいて、その団子を買った店の蜜壺に2度漬けします。それに対して、みたらし団子屋さんが損害賠償を起こしたらどうなるか?というものでした。正解は「損害賠償は成立する」でした。当然ですね(笑)

中入り明けは、福楽さん登場。
福楽さんは現在、道頓堀のB1角座で出番があるそうですが、それを休んで田辺寄席に来られたようです。
マクラでは、B1角座の現状を話されました。角座は現在の座席数100ちょっとのB1から座席数の400席くらいにするそうですが(今の地上階の映画館を演芸場に替えるのかな)、座席数100ちょっとのうち8割は招待券。それで座席数を広くしてやっていけんのかい?と。
安定した収入で優良経営の吉本とは対照的ですね。松竹さん、道頓堀五座の灯は消さないでよ。

福楽さんの本編は「笠碁(かさご)」。初めて聴く噺で、題名自体もこの日初めて聴きました。噺は碁を差し合う2人の旦那が些細なことで喧嘩をし、口を利かなくなるのですが、その後和解するというもの。
まあ噺自体はそれほどおもしろいというものでもないのですが、福楽さんが喧嘩別れしてから和解するまでの2人の心理の描写が旨く、愉しめました。

トリの小春團治さんは創作の「日本の奇祭」。
噺は大阪から2時間以上かかる村にマイホームをもったのですが、越してきたその村には奇妙な風習があり、一家が巻き込まれていきます。
小春團治さんの着眼点や噺の畳みかけ方に力量を感じるものに、描写自体には下ネタが多く、評価が分かれるかな?
私はご勘弁でした。

最後は抽選会。この抽選会はアシスタントの若手(今回は石松さん)が文太さんのアドリブにどれだけ対応できるか?のも見どころのひとつだと思っているのですが(笑)、こちらも石松さん、精進、精進やと思いました。


リンク:
田辺寄席
上方落語 小春日和(桂小春團治さんホームページ)
B1角座公式サイト


追伸
田辺寄席-1田辺寄席-2

田辺寄席の会場ロビーには、天満天神繁昌亭の模型とともに田辺寄席の模型も展示されています。こちらも目樽工房さん作。
精巧な出来です。

リンク:目樽工房