金曜日の夜は、月例の島之内寄席@ワッハ上方がありましたが、今月はそれじゃなく、9月に急逝した桂文春さん(文珍さん門下)の追善興行を兼ねた文珍一門会に行ってきました。

会場には開演時刻より若干遅れ、着いたときには珍念さんがマクラを喋っておられました。1、2階の椅子席が埋まっていて(前売り完売?)、1階席最後列の補助席(パイプ椅子)での鑑賞となりました。

この日の演目は以下の通り。

時うどん桂珍念
宿替え桂楽珍
女道楽(三味線漫談)内海英華
天神山桂文珍
(中入り)
大喜利 桂三風桂三歩・文珍一門 司会:文珍
「文春甚句」桂文福

鳴物:林家うさぎ
笛:月亭八天
お茶子:西田晶子

珍念さんの「時うどん」は生前、弟弟子・文春さん口演の「時うどん」のウケがよかったので、珍念さんも演じてみようと思ったのだそうです。
何も食べずに繁昌亭に入ったのですが、空腹時に食べ物の出てくる噺はキツい。

2番手は文珍門下筆頭弟子の楽珍さん。マクラではキリン一番搾りのCMテレビCMに出演したエピソードも。ふぐ屋の主人で登場したそうな。徳之島出身で濃い顔で毛むくじゃらな楽珍さんですが、腕も手も毛を綺麗に剃られてて、つるつるでした。ビールよりその毛むくじゃらのほうが目立つので「剃れ」と云われたそうな(笑)
本編の「宿替え」は、生前に文春さんが楽珍さん演ずる「宿替え」が気に入っていた噺だったそうです。楽珍さんの噺を聴くのは初めてだと思います(以前一回は聴いたことあるかもしれないが、記憶がないので。)
後の大喜利で文珍さん曰く「・・落語が巧ければ」と云われていましたが、なかなかどうして。釘を深く打ちすぎてしまう男の慌てぶりがハマっているというか、ニンに合っているというか(失礼!)、愉しく噺を聴かせてもらいました。

内海英華さんの三味線漫談。全国で開かれている文珍独演会でお囃子(三味線)を担当されているかたです。
風刺が利いた漫談に、三味線が粋に奏でる。
今話題の”本間さんネタ”は、誰が取り上げるかなと思いましたが、英華さんが取り上げました。まあ甲斐性の無い男。本間さんは、以前文珍さん司会のニュース番組のレギュラーコメンテーターだったので、文珍さんは話はしずらいでしょうね。

中トリは文珍さん。
マクラでは、文春さんが入門時や稽古でのエピソードを。
文春さんは入門する前は、和歌山で暴走族だったそうです。工業高校出身で、長身で男前だったし、硬派やったかな?
で入門時には、派手派手のラメ入りの服で入門志願してきたそうな。文珍さんはビックリ。鶏冠な頭だったかはどうかは知りませんが、もしかして「笑酔亭梅寿謎解噺」@田中啓文・著の主人公である竜二のモデルかもしれません。
稽古ではシャイな一面を覗かせていたそうです。
師匠文珍さんが「『こんにちは!』『まぁ、こっち入り』やってみい」に文春さん「『こんにちは!』・・・ちゅうてね。『まぁ、こっち入り』・・・ちゅうてね」だったそうです(笑)
あとクルマの運転では、暴走族だったので、もちろん運転が巧くて、車庫入れでも車間が殆どない場所でもすっと入れられたそうですが、両側が塞がれているので、運転手である文春さんが出られなかった・・・そうです(笑)
天神山」は今まで何度か聴いたことがあったのですが、やっと噺と題が一致しました(汗)
墓場で呑んでて、落ちてた髑髏(しゃれこうべ)を家にもって帰ったら、その夜、髑髏になった遊女の幽霊が現れ、その幽霊と結婚してしまうとは・・・ファンタジーでありますね(微笑)

中入り明けは大喜利。
文珍さん司会に、一門の楽珍さん、珍念さんに、和歌山出身である文春さんと同郷の三風さん(先輩)、福矢さん(後輩)もゲスト出演。自己紹介も兼ねて文春さんとのエピソードを紹介されていました。三風さんはエピソード紹介のときは滑舌悪くて、何云っているのはよく解らなかったです。
大喜利では楽珍さんの面白さが全開でした。「あいうえお作文」「謎掛け」などベターなもんでしたが、楽珍さんが答えの面白さで他の三人を喰っていました(笑)
あれは稽古して積み上げて・・・やなくて、もって生まれたもんやったです。・・・で(前述の)文珍さん曰く「これで落語が巧かったら」となる訳ですが。

最後は桂文福さん(文珍さんの弟弟子で文春さんと同郷)による「文春甚句」。切々と歌いあげられました。(私を含めて)場内の観客、聴き入れてました。
入門20年で志半ば。一人娘を置いて、逝ってしまうとは・・・・。

甚句が終わると、司会の文珍さん。
「真面目に唄ってもらえるとは思わなかった」。

文珍さん、涙を堪えているようでした。



リンク:
文春追善@八天登場国(月亭八天さんブログ)
文福部屋(桂文福さん公式サイト)
寄席三味線 内海英華