三遊亭圓楽さんが、第一線からの引退を発表したそうです。

25日に東京・国立演芸場での「国立名人会」で『芝浜』を口演した後、第一線(高座での落語の口演)からの引退を発表したとのこと。

自らのイメージと現実が乖離(かいり)したのでしょうか?
脳の病気を患った影響が大きいのでしょうか?

今後は一門会での座談やトークなどには出演する意向だそうです。

以下は、引退会見での圓楽さんの話(日刊スポーツより)。
「もう少ししゃべれると思ったが、ろれつが回らず、噺のニュアンスもうまくいかなかった。慈善事業ならいいが、入場料を取ってやるには恥ずかしい。80点、90点の出来なら今度もとなったけれど、こんな調子で、また恥をかきたくない。」


参考リンク:
円楽が第一線からの引退を明言 - 日刊スポーツ@asahi.com
三遊亭圓楽さん、高座復帰@MASARUのブログ