2815e550.jpg本ブログにエントリーするタイミングを逸した話を今からします。
今年1月に行われた「2007年ダカールラリー(通称パリダカ)」で「チーム・レプソル三菱ラリーアート」が総合優勝。
三菱自動車チームとしてはパリダカ7連覇となるらしい。

私はラリーに関して知識が詳しくないのですが、先日の都内での呑み会の際に、交通産業事情に詳しい某知人に聞くと、三菱のパリダカ7連覇はとんでもない快挙なのだという。そしてパリダカやF1のような大きな大会で優勝(あるいはそれに準じるような活躍)があると、その直後から米国やヨーロッパでの商品の売れ行きが全然違ってくるそうです。
三菱はヨーロッパでのブランド力を挙げることでしょう。

因みにミシュランが昨シーズンでもってF1から撤退しましたが、その理由のひとつに、米国でのF1開催で全然実績があげられなかったのがあるのでしょう。
05年のインディアナポリスでは、ミシュランを履く全てのF1チームが走行をボイコットしたことがありましたね。




リンク:2007ダカールラリー@三菱自動車