20070303万博-120070303万博-220070303万博-3

◆3月3日 万博記念競技場

G大阪 1−0 大宮(終了)

【得点者】バレー(G大阪)

土曜日の夜は万博でのJリーグ開幕戦を拝んできました。
開幕戦ということもあってか?アウエーゴール裏席とボックス席以外は完売。しかたがなくSB席の回数券(5枚綴り。ファンクラブ会員限定)を買って入りました。今季は5試合観戦できるかな?

あと大宮戦ということで、大宮サポのぶくちゃん夫妻が関東から遠征されてこられてましたので、試合前にご挨拶に伺いました。

この試合の見どころは”超攻撃”を謳い、前週のスーパー杯で浦和を撃破したガンバの攻撃を大宮がどう凌ぎきるかにあると思っていました。

結論から先にいうならば、ガンバの攻撃を大宮を”ほぼ”凌いでいました。
大宮の引いた強固なディフェンスと激しい当たりにより、ガンバのほうがボール保有が多かったものの、スーパー杯で見られた鋭い縦パスも通し切れていませんでした。
左サイドの安田選手はこの日も自慢の足で攻め上がるのですが、ゴール裏が将棋の穴熊囲いのように堅かったので、フィニッシュまで達せてませんでした。
後半になると、ガンバもカウンターを恐れてか?あまり攻め急がせず。試合は膠着した雰囲気になりました。場内も静かになりました。

このまま引き分けになるかと思いましたが。
後半残り2分に、大宮DF陣のクリアしたボールを途中出場した右サイドの家長選手がカット。それを前線に送り、これまた途中出場のバレー選手がゴールに決めました。
これが決勝点。
大宮は99%ガンバの攻撃を凌いでいましたが。しかも得点者が元大宮のバレー選手ということで、痛恨の失点だったと思います。

大宮はサッカーではガンバを上回っていました。ほぼプラン通りだったんでしょうが、最後の最後で一瞬の隙を突かれてしまいました。

追伸
ここ何年か万博に来て思うのは、子供の観戦者が多いこと。
だいたいJリーグ会場は、子供が多いのですが、ガンバのホームである万博記念競技場はとくに多いと思います。
今後10年、20年たてば、その子供たちが大きくなって、結婚してファミリーを作って・・・。サポーターの数で関西の他クラブを大きく引き離しそうに思います。
そういう意味も万博記念競技場の器の大きさには限界が。
高槻市内に新スタジアムを建設する話は無くなったのかな?