◆3月3日 横浜・日産スタジアム(横浜国際総合競技場) 

横浜FM 1−0 甲府(終了)

【得点者】山瀬(功)(横浜FM)


みのさんが日産スタジアムでのFマリと甲府の開幕戦を観戦され、そのレポートを送って下さいました。
甲府の大宮のように強固な守りで奮戦したようですが。。。

以下レポートです。

あとVIP観戦のネタあればコメント下さい(微笑)
=====
みのです。開幕は日産スタジアム行って来ました。さくら組は試合休みなもんで(苦笑)ダメ元で応募してたチケットが当たってめちゃいい席で。
甲府は敗れはしましたが、いい試合したと思います。
開始5分、横浜マリノス山瀬が長いドリブル中央突破からそのまま持ち込んでゴール。丁度横M「師匠」鈴木隆行がその前やたら頑張って目立ってて、甲府の守備陣は瞬間幻惑された?まさかセンターサークル付近からドリブルで山瀬にそのまま行かれるとは思ってなかった?虚を突かれた感が残念です。後は守備素晴らしかっただけに惜しい…。

そっから後の甲府の鬼プレスは凄まじいもんがありました。まさしく人は石垣人は城、数人でフォローしあって横Mに殆ど仕事させないです。オフサイドトラップも何度となく成功させて石垣堅い堅い。何人かチェックしちゃいました(何しろザル守備チーム愛好家は守備の質にひたすら感激、よそさまの芝生は青い…)。4番山本は決定的な1対1のシーンに身体はって守り通しました。隣の知人が「あれこそまさに守備!」と声を上げたシーンでした。32番杉山が又機敏で足も素早くフォローが速い。10番藤田の「真ん中」ぶりが又的確、いい選手だなぁと。7番石原も落ち着いてみえたし…芝生青い青い(笑)。

甲府で残念なのはやはり攻撃。最後にペースダウン、あとマリノス相手に高いボールは中澤のえじきになるだけだってば(泣)。コーナーキックのチャンスがなかなかチャンスにならへん…これはさくら組もおんなじか。バレーさん抜けて厳しい悲しみが…
とはいえ、甲府のやっているサッカーは間違いの無い、手応え高いものかと。逆にマリノスの方が苦しく、やりたい事が出来なかった試合だったも。山瀬なり中澤なりの個人技は目立つのだけど、チームとしての有機的連携はまだかな?と。それだけ完全にマリノスの良さを甲府が潰しきってた、そんな試合にも見えました。
最後に「師匠」〜っ!最後に変なイエローで退場しちゃダメでしょっ!もぉ〜開幕から何やってんのよ…もぅ…(涙)
みの拝
=====
以上。