ec2d5a50.jpg27日の日本ダービーですが、リアルタイムではラジオの生中継を、帰宅後にビデオで確認しました。

牝馬のウォッカ号が恐ろしい末脚を発揮しましたね。
素晴らしい能力をもっているとはいえ、牝馬だからということで、予想から外したかたが多かったことでしょう。
本当に牝馬なのか?と疑いたくなる程の走りでした。
力で他の牡馬をなぎ倒したといえる走り。

今朝のスポーツニッポンで青木るえか氏がウォッカ号のダービー出走に敬意を表したいと言っていたけど、本当にそう思う。
オークスやNHKマイルだと余裕で勝てるだろうが、そのレースでは、あの走りはもったいない。

騎乗の四位(しい)騎手は2年連続で3着だったので、ようやくのダービー制覇ですね。

アサクサキングス号は健闘したけど2着。
福永騎手のダービー制覇は来年以降ということで。

人気していたフサイチホーオー号は最後の直線で”かかってしまった”ようですね。
菊花賞で力を発揮するかどうか?


リンク:
日本ダービー、ウオッカが制す 牝馬で64年ぶり@朝日新聞
JRAホームページ