午前の競歩50Km男子。競歩のコースはスタジアムを出て、長居公園内の周回道路を往復を繰り返し、スタジアムに戻るのですが、一時は3位につけていた山崎勇喜選手は30Kmすぎてから後退。そして外周道路の周回が足りないのに、周回係員の誘導ミスで、スタジアムに謝って入ってしまいました。冷静だったら周回係員のミスに気づくんでしょうが、意識が朦朧としていたようでした。そしてそのままゴールインしましたが、記録としては「棄権」。
スカタン続出の大阪大会ですが、最後に競技上での不手際が出てしまいました。

夜は男女の400mリレーが見応えありました。男女とも米国が金でした。女子2番手のアリソン・フェリックスの走りは美しかったです。
男子は日本勢に注目していました。4選手ともキレキレの走りを見せていました。順位は5位でメダルには届かなかったものの、日本新記録を更新しました。

レースを終えた後に日本4選手の達成感に満ちあふれた表情がとても印象に残りました。