三木総合防災公園アクセスマップ2日日曜日はセレッソ戦観戦のため、兵庫県三木市の兵庫県立三木総合防災公園まで行ってきました。

アクセスは地図を見ての通り、クルマだと大阪市内から高速利用で約1時間。
電車だと神鉄(神戸電鉄)粟生線の押部谷(おしべだに)が最寄りなようですが、普段利用するにはクルマがないと辛いところです。路線バスも来ていないようでした。

私は往きは神戸市内で時間をつぶした後に、有馬街道(国道428号)を北上(※)し、裏六甲の箕谷(みのたに)、衡原湖を経て、三木へたどりました。
大阪市内からR43利用でオール一般道で神戸を経ても2時間半もあれば十分に会場までたどれるなと思いました。

会場は山を切り崩した台地にあり、辺りは何にもありませんでした。
一山越えた神鉄粟生線沿線にはニュータウンやショッピングセンターがあり、それなりに時間がつぶせそうです。


三木総合防災公園陸上競技場-0私は会場には午後4時過ぎに到着。
会場の駐車場はもちろん無料でした。
駐車場には地元の神戸ナンバーもみましたが、「なにわ」「大阪」「和泉」が多かったです。セレッソサポーターでしょう(微笑)
セレッソの応援バス(日交の観光バス)は12台くらい来ていました。この日の応援バスツアー料金は一般1000円。さらにファンクラブ会員は500円で、長居から地下鉄で梅田までの往復より安い金額です(笑)
この日のセレッソ応援バスは正午に長居をスタートしたそうですが、渋滞もなく午後1時台には会場に着いたそうです。長居からの出発を早い時間にしたのは、世界陸上関連の混雑を避ける目的があったんでしょうけど、それにしてもキックオフ5時間前に会場入りとは。正直あたりは何もないところですので、暇つぶすのはそれなりのテクが必要だったと思います(笑)

総合防災公園にはセレッソ戦の会場となった陸上競技場のほか、球技場に野球場が備わっていました。防災公園ということで、公園奥には消防学校。陸上競技場のバックスタンド下は備蓄の倉庫になっていました。

スポーツ施設は充実している三木総合防災公園ですが、駐車場や敷地内に飲料の自動販売機がありませんでした。スポーツするときは水分補給が必要ですし、公園の施設利用者のために、自動販売機ぐらいあるものですが、まったく見あたらなかったです。
セレッソ戦では、メインスタンドで飲食物の販売がありましたが。不便でした。
#ちなみにプロ野球のサーパス神戸がホームとしているあじさいスタジアム北神戸には正面に飲料の自動販売機がありました。

三木総合防災公園陸上競技場-1三木総合防災公園陸上競技場-2三木総合防災公園陸上競技場-3


陸上競技場は国立競技場や長居と同じく、メインスタンドから見て、東向きに設けられていました。
バックスタンドは長居第2は比較するまでもなく(笑)、西京極陸上より傾斜がきついので、トラック付きなのに、見やすかったです。またホームチーム側のゴール裏には大型ビジョンが設けられていました。
この点でも西京極より充実していますね。

会場での物販は飲食売店はメインスタンドのみ。しかも長居レベルの飲食物だったようです。私は会場にいくまでのコンビニで食事を調達しましたが、なにか食べたければ、持参するほうが無難なようです。


試合後は、スムーズに会場を出られました。
帰るクルマの殆どは山陽道の三木東インターに向かうので、長いクルマの列はできますが。


帰りは高速経由で、1時間くらいで大阪市内の自宅に帰ることができました。


三木はこの総合防災公園のほかに、グリーンピアホースランドパークなど、レジャー施設は充実しているようですね。
総合防災公園は、一般貸し施設としても穴場なようなので、きれいな施設での草野球なども比較的楽におさえられることでしょう。


※:神戸市中心部より裏六甲へは新神戸トンネルを利用するほうが便利で早いですが有料なので、R28の有馬道交差点から有馬街道を北上しました。

リンク:
兵庫県立三木総合防災公園@神戸観光壁紙写真集
兵庫県立三木総合防災公園@財団法人兵庫県園芸・公園協会
三木総合防災公園、サッカー場@雑感日記(携帯でも閲覧可能。会場の画像あり)
グリーンピア三木
三木ホースランドパーク
有馬街道