d5389d9b.jpgf5e99663.jpg

◆9月12日 フランス・トゥールーズ

日本 31−35 フィジー(終了)

J SPORTS Plusの生中継を見ました。

激闘でしたが、あと一歩届かず。
悔しい結果でした。

(2007.9.14 6:20追記)
前半から激しい攻防でしたね。
ラインアウトは安定していたし、スクラムやモールも負けていなかった。
大西将太郎選手のブレースキックも正確だったけど、全体としてパスの精度はよくなかったと思います。
それでも試合終盤、4点差に追い上げての連続攻撃は圧巻でした。
あともう一歩だったんですが。
正直、今回ジャパンは相手にまったく歯が立たないと思っていました。
向井ジャパンで前回の豪州大会に出た後、萩本さんやフランスの猿など、迷走しつづけて、ヘッドコーチがJKに変わっても大きくチーム力は変わらないと思ってましたので。

ところでSHはどうするんでしょうかね。
近鉄ライナーズさんの金※元(きむ・ちょるうぉん。※はへんつくりともに吉)選手が登場してくるのでしょうが、2人負傷したSHの替わりに登場した急造SHもよくやったほうだと思いますが。

リンク:RUGBY@J SPORTS



おまけ
試合の終盤に乱入者が!
J SPORTS は生中継だったので、国際映像の取り押さえられた男性の一物まで映っていましたが、ちょい遅れ放送の日テレのほうは映像は何事もなかったのように編集されてましたね(笑)

今思えば、両軍の熱き攻防に非常に興奮したのかもしれませんが。