d1bb1d14.jpg◆10月10日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

C大阪 1−0 札幌

【得点者】古橋(C大阪)


昼と比べ、少々肌寒い中でのキックオフでした。ついこの間まで夜も冷たい風は吹いてなかったのですが。もう10月半ばだもんね。観衆も5000人足らず。

試合は、札幌が両サイドからがんがん攻め上がられるかと思ったのですが、それは序盤だけで、あとは中盤や最終ラインがしっかり対処。これまでと比べ安定した守備を見せていました。
しかし「あわや」のシーンも無いことは無かったのですが、吉田選手のセーブで失点の危機を逃れました。

前線は古橋選手と森島(康)選手の2トップ。小松選手はスタメンから外れました。
2人は前線から積極的にプレスをかけていました。

得点は前半35分。
札幌DF陣の裏をかいた古橋選手へ香川選手からのスルーパスが絶妙にわたり、これを古橋選手がゴールマウス左隅へ沈めました。とても無駄のない美しいパスとシュートでした。試合後、クルピ監督はパワー、フィジカルの札幌に対し、技術のセレッソと述べたそうですが、このプレーはそれを象徴するものだと思いました。「きょうは何もしていない」と述べた香川選手でしたが、一番の殊勲を上げました。

後半途中から、森島(康)選手から小松選手に替わりましたが、淡泊で精彩を欠いていました。


結局、1−0で、今季札幌にようやく初勝利。
これまでの対戦結果とその内容から、勝利は厳しいかと思いましたが。
なによりも勝てたのは大きいですね。

試合後は香川選手のインタビューのほか、森島(康)選手が登場し、U−22代表合宿に向かうので、サポーターに挨拶してました。試合が済んだ直後なのに、森島(康)選手はスーツ姿に着替えての登場でした。ちゃっかりしてますな(笑)

リンク:試合結果@J'S GOAL


なお、上位はヴェルディは3−0で徳島を下したものの、京都サンガと仙台は引き分けたそうです。
次戦西京極は私は現場に行きませんが、きょうはスタメン落ちした小松選手には奮起してほしいと思います。KBS京都の無料招待デーなので、混雑が予想されます。現場まで行かれるかたはご注意下さい。