601184b3.jpg◆11月4日 大阪市長居球技場

松下電工 24ー14 内外電機 


のちほど追記します。



(2007.11.05 23:20追記)
西京極でのトップリーグ観戦後、長居へ移動しました。
西地区最終節の最終戦だというのに、テレビ中継(スカイA)はない関係からか、会場のビジョンにいつも映るプレーのビデオ再生もなく(プレーのビデオ再生は結構ありがたい)、会場の観客を映すなどして、お茶を濁していました(笑)

試合のほうは前半は内外電機のペースでした。
キックオフからのロングドライブ。ダウンを更新しつづけ、電工ディフェンス陣を慌てさせていました。
しかしせっかく、ダウンを更新しても、自身に反則が多く、戻されてましたけど。
それでも7分くらいかけて、強固な電工ディフェンスからタッチダウンを奪い先制。
第2クォーターに入り、電工に50ヤード以上の独走タッチダウンで同点にされるものの、内外電機はこの後自陣からオフェンスでがりがりランで相手陣に入り、パス攻撃でタッチダウンを奪い14ー7で前半を折り返しました。

一方、電工はQB高田選手と他のオフェンス選手の連係が合っていないように思いました。パスが不発でなかなかダウン更新に至りませんでした。

しかし後半は電工のペースでした。
がりがりとダウン更新とし、タッチダウンを奪い、17ー14とすると、第4クォーターにはQB高田選手からWR(ワイドレシーバー)長谷川選手のパスそして、70ヤード近くの独走タッチダウンで、駄目を押しました。
内外のオフェンスは手詰まりのようでした。
タイムアウトも早々消化してしまう場面もありました。

結果、電工勝利で、西地区は1位は電工。2位はアサヒ飲料。内外電機は3位でファイナル6(プレーオフ)へ進出ならずでした。



内 経過 松
7 1Q 0
7 2Q 10
0 3Q 7
0 4Q 7
-------------
14 合計 24




リンク:Xリーグ公式サイト
http://www.xleague.com/