b4fda8f9.jpg◆11月18日 群馬県立敷島公園県営陸上競技場

草津 2−2 C大阪

【得点者】カレカ2(草津)、前田、古橋(C大阪)


神戸から帰宅し、テレビ中継を拝みました。
試合前に札幌×京都、仙台×湘南が行われ、仙台敗戦の報もあったからか、選手たちの動きがぎこちなく、前半から果敢に攻める草津に後手後手の守備でした。
カレカ選手にはディフェンスの裏をかかれて先制されました。
その後も苦しい時間が続きました。
江添選手が、カレカ選手へのタックルで一発レッドを頂戴しました。
テレビ中継の映像ではイエローは致し方ないとしても一発レッドとは厳しいものでした。
そのあと(江添選手退場による)選手達の動揺の隙を突かれ、カレカ選手の直接FKが決まり2点差とされ、前半終了。

後半は一転セレッソペース。公式スコアをみていないですが、9割以上セレッソがポゼッションし、シュートとフリーキックの雨あられを降らせました。同点には追いついた後も、セレッソの攻勢が続きました。
それは前半の段階で10人対10人(草津選手のイエロー2枚で退場も厳しい判定でした)になったことで、スペースが空いて、草津のマークが激しくなくなったこともあったのかもしれません。
古橋選手のとてもポテンシャル高いシュートも拝めました。
私がセレッソファンでなく第三者的立場なら、気楽にセレッソの猛攻を愉しめた・・・かもしれません。
それくらい凄かった。草津の選手はかわいそうなくらいでした。

しかし勝ち越しはならず。同点止まり。痛恨の勝ち点1でした。

次節はくせもの水戸が相手ですが、ジェルマーノ選手はきょうの試合で、イエロー累積4枚となり、出場停止。江添選手もいません。
北関東の厳しい空っ風に吹かれながら、厳しい試合になることは間違いないでしょう。

<他会場>
札幌ドーム 札幌2−2京都
ユアスタ仙台 仙台2−3湘南

<J2順位・50節終了時点>
1.札幌 勝点88
2.東ヴ 勝点85
3.京都 勝点82
4.仙台 勝点80
5.セ大 勝点79

リンク:試合結果@J's GOAL