02afc877.jpgab4a0fa2.jpg

◆11月25日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

立命館大学 28ー31 関西学院大学


立命 7 7 14 0|28
関学 7 21 3 0|31




画像は日曜日に現場で撮ってきたものです。
2万人ぐらい入ったと思います。
バックスタンド関学側はほぼ満員でしたし、メインスタンドの立命側も8割がた埋まっていました。
去年までホームアンドアウエー(兵庫×京都)で今年は、京都西京極陸上での開催かと思いましたが、これだけ入るのなら、来年も長居で頂上決戦やってほしいです。屋根がない神戸ユニバーは雨降ったときが大変やからね。

試合は前半は先制したのは立命でしたが、その後関学が4タッチダウンを上げました。立命相手に前半だけで4タッチダウンなんて記憶がない。
QB三原選手のパスがばしばし決まる。第2Qではスペシャルプレーやら、オンサイドキック(成功!)やらで、立命ディフェンスを翻弄していました。
今年の関学は相手を欺くプレーがみられますが、基本的に三原選手からのパスがしっかり決まっていることが印象強いです。いろいろ戦術考えても、結局はプレー自体を遂行できる能力。スキルが備わってないとということなんでしょう。そういう意味で今年の京大はそのスタートラインにすら立っていなかったということになりますが。

後半は、関学オフェンスは手詰まりな状態。立命のがりがり攻撃で追い上げられたけど、立命は第4Qのタッチダウンまで目前でファンブルし、関学にインターセプトされたのが運の尽き。エースRB松森選手の素晴らしい走りなど。個人技が光る場面もあったけど、ボールキャリアでは関学を上回っていなかった印象でした。

あと印象だったのが、立命の反則がゼロだったこと。昨シーズンまでの立命を見てたら、とにかく反則が多いこと。ジャージと同じ色の某サッカーチームのようでしたが(笑)

ともあれ、関学が甲子園ボウル(今年は長居開催)行きを決めました。
あと、来月2日開催法政×日大戦勝者の対戦となるそうです。