b4efd934.jpgba860f40.jpg

染左さんの落語会が終演した後は、鑑賞したみなさんで、一杯やりました。

お店は、NGK(なんばグランド花月)南側の通り沿いにある「歓鯨家(かんげいや)」。
間口狭い入り口から細い螺旋階段上っていった上階にお店がありました。
店内はカウンターと腰掛ける位置が高い椅子とテーブルがありました。

お店は名前の通りくじら料理と、全国の焼酎が置いてありました。
焼酎は一杯飲みきりサイズのボトルで、ボトルキープが必要ないものでした(笑)
あとはタンブラーが渡され、水と氷はセルフサービス。
つまり、精算は呑みきったボトルの数えれば言い訳で。

鯨料理は盛り合わせのようなものを注文してもらい頂戴しました。
赤身と白身のお造りから、ベーコンに揚げ物に至るまで。
しつこく無かったです。

お店はNGKやワッハから見て、道具屋筋側にあるので、ミナミの中心部にありながら、穴場的な感じです。
モーやんさん曰く「いついっても空いてる」そうです(笑)

南海通り辺りにある騒がしい雰囲気はなく落ち着いて話ができました。
ワッハ終演後に立ち寄るにはエエ感じのお店でした。


リンク:歓鯨家(かんげいや)@食べログ.com