20080102天満天神繁昌亭新春公演二日は米朝一門会と繁昌亭新春公演のハシゴでした。

繁昌亭のほうは当日券を買ってなかったので、JAF会員証を提示して500円引きの2000円で当日券を購入。立ち見で拝聴しました。


演目は以下の通り。

つる』桂あさ吉
長名(寿限無)』桂三風
初天神』笑福亭竹林
女道楽(三味線放談) 内海英華
子ほめ』桂ざこば
(中入り)
始末の極意』桂米二
百面相 露の團四郎
子ほめ』桂小米朝

トップバッターは吉朝門下一番弟子のあさ吉さん。『つる』をさらりと。

二番手は三風さん。マクラではガラの悪い学校で開かれた落語鑑賞会でのエピソードを。
本編は『長名(寿限無)』を。寿限無を名付けるのが、ヤクザの親分(?)なオッサンでした(笑)
あの長い名前を言い続ける度にテンポを速くし、早口から最後はカセットテープを早送りにしたような口調に(笑)
噺っぷりもテンポよく、あさ吉さんではなかなか温もらなかった場内をよく沸かせてました。

三番手の竹林さんは『初天神』。(時間の関係か?)飴を舐めるところは省かれてました。
それと寅ちゃんのお父さんがとてもガラが悪かったのは、笑福亭のかたやから?(笑)
竹林さんのマクラはシュールでしたね。

女道楽(三味線放談)の内海英華さんはお正月ということもありカツラを被って、都々逸を披露されました。

中トリはざこばさん。
昨年の正月公演と同様に、かなり酔った状態で登場。米朝さんや小米朝さんとのエピソードなどを。話の大半はここ(ブログ)では書けない。
非常に酔った状態だったので、ネタには入らないかな?と思いましたが、ざこばさんは「(客席に向かって)何聴きたい?・・・よし!『子ほめ』を演ろう」ということで『子ほめ』を途中まで。
酔った状態で登場したことについては「正月やさかい、堪忍してな。昔はどこの寄席でも酔っぱらって出てたもんや」

中入り明けは米二さん。『始末の極意』でしたが、前のお客さんのくしゃみが気になって話に集中できませんでした。

露の團四郎さんは、百面相。いわゆる顔藝です。
こんど團四郎さんの落語を聴いてみたいです。

トリは小米朝さん。
この日は洞爺湖での落語会のあと、帰阪して、繁昌亭入りだったとのこと。
マクラを話している途中に、ざこばさん乱入(笑)
幼いときの小米朝さんの世話を、ざこばさん(当時の朝丸さん)が世話した話など、いろいろ。

ネタをやることになって、小米朝さんは、ざこばさんの『子ほめ』の残りを演ろうということ。
ここで再びざこばさんが登場(乱入(笑))し、対談形式の『子ほめ』に替わりました(笑)
普通は演者が裃を切って(顔を振って)、2者を演じるのですが、その2者をざこばさんと小米朝さんがそれぞれ演じてました。一風変わったおもろい趣向でした。

終演時にざこばさんは再度「正月やさかい(酔っぱらっているのは)堪忍してな」と云うてはりました。


リンク:
天満天神繁昌亭
桂ざこばの公式ホームページ
米二ドットコム
桂三風のさん風のたより

(2008.1.4 0:31追記)
本文を一部、修正しました。