f8332ff8.jpg田辺寄席ニュース「寄合酒」の最新号が月曜日に自宅に届きました。

今月号のトップは地元・田辺のお不動さん(法楽寺)の三重塔と大絵馬。
大絵馬には二匹のねずみが地元野菜の田辺大根をかじる絵が描かれています。
大根は大黒に音が似て、大根とネズミの図は子年の縁起物もされているのだそうです。

ページをめくると昨年暮れに開かれた「田辺大根フェスティバル」の模様が掲載されていました。
盛況だったようで何より。
フェスティバルでは「ふろふき大根」が振る舞われたほか、田辺大根をつかってのさまざまな料理が紹介されたようです。根も葉も全ていただける。棄てるところがないのですね。


田辺大根のカレー因みに・・・。
先日、田辺大根が入ったレトルトカレー「田辺大根のカレー」を繁昌亭で買って食べたんですが、カレーと大根が合うとは思いませんでした(微笑)


今月の田辺寄席は19、20両日の開催。19日土曜日は仕事で、昼席は×。夜席も午後6時10分の開演に間に合いそうにないので、うかがうとすれば、20日日曜日。
20日は<都丸一門会>なメンバー構成ですね。
2番手の都んぼさん(都丸門下筆頭弟子)は酔っ払いが出てくる『替わり目』を演じられるようです。
都んぼさんは「酔っ払いは嫌いだ。噺家だというだけで、すぐにからんでくる・・・」と話されてましたが、「なにわ探検クルーズ」での苦い経験があるからかな?
でも酔っ払いは可愛い面を出すところもありますし、そのへんの憎さ可愛さが噺の中に出ているのを期待したいです。


追伸
田辺寄席の会員証のカバーのパウチが弱いものだったので、補修・交換をお願いしていたのですが、それが出来て、「寄合酒」の帯封には「会員証は当日、お渡しします」との世話人の大久保さんの一筆。
ありがとうございます。


リンク:
田辺寄席
大阪市 なにわの伝統野菜加工品のご案内@大阪市農業センター