松竹芸能の演芸場「B1角座」が5月末で閉鎖になるとのこと。

なんでも演芸場が入っている角座ビルが老朽化のためといっているそうですが、角座ビルができたのは22年前の昭和61年。たった22年で老朽化とは。

1年前には、地上階の映画館跡に演芸場を移転させる話があったのに。その1年後にはビルごとなくなることになるとは。
吉本と比べ、先が見えてないだめだめ松竹芸能。

「B1角座」の代替ホールが見つからなければ、道頓堀から映画館に続き、演芸場もなくなってしまうことになりますが。

角座が閉鎖になると江戸時代から続いてきた「道頓堀五座」が全てなくなることになります。

道頓堀がパチンコホールとたこ焼き屋ばかりでええんかい?


リンク:「B1角座」5月末で閉鎖…松竹が松竹芸能に要請@スポニチ