e79b1fd8.jpgfaa90729.jpg

◆2月3日 近鉄花園ラグビー場

神戸製鋼 28ー26 日本IBM
(前半21ー11)
(後半7ー15)

氷雨が降る中、見てきました。
神戸はプレーオフ出場の可能性がなくなり、モチベーション低下が顕著(苦笑)
プレーのミスが目立ち、緩慢だった。
ラインアウトもこの試合に限ったことではなかったが、悪かった。
主将であるSH後藤選手はアドバンテージをもらっている状況で前向きなプレーをしてなかったのが非常に残念でした。あの場面では積極的に攻めてほしかったよ。
後半残り時間足らない中7点リードの場面できっちりPGを狙わないで、それをターンオーバーされ、結果2点差となるトライを奪われました(苦笑)。トライが右隅だったので、同点Gにはならなかったですが。

あとプレー以外でエキサイトした場面が多々でした。主審の試合コントロールがもうひとつでした。

今季の神戸は、5位(暫定)でシーズン終了。
主力陣の離脱がとても大きかったけど、上位4強との戦力差を感じさせられました。
平尾GMがかかげる「超攻撃的ラグビー」と実際の戦力との乖離があまりにもねぇ。


リンク:試合結果@トップリーグ公式サイト

【メモ】
秩父宮の2試合(三洋電機×NEC、サントリー×トヨタ自動車)は降雪のため、9日に順延。
そのため最終順位は9日に確定。

引き分け以上で入れ替え戦回避だった日本IBMは2点差で敗戦し、入れ替え戦へ。

9位以下の順位は以下の通り。
9位:コカ・コーラウエスト
10位:九州電力
(以上、トップリーグ残留)
11位:日本IBM
12位:福岡サニックス
(以上、入替戦へ)
(以下、地域リーグへ降格)
13位:リコー
14位:三菱重工相模原

なお、トップリーグ入れ替え戦の対戦カードは以下の通り。
日本IBM×(2月10日セコム×ワールド戦の勝者)
福岡サニックス×マツダ
勝った方がトップリーグ、破れば地域リーグへ。