87359399.jpg51bd7921.jpg


5日夜は天満天神繁昌亭での桂米二さんの会に行ってきました。
立ち見まで出ていました。
全席指定席で前売りを買っていたので、通路側の席でラクに鑑賞することができました。

本日の演目は以下の通り。

煮売屋』桂二乗
牛ほめ』桂米二
けんげしゃ茶屋』桂米二
(中入り)
『時の氏神』(小佐田定雄・作)桂都丸
寝床』桂米二
抽選会 干し柿・菓子・苺

三味線:大川貴子


開口一番は、二乗さんの『煮売屋』を。サゲまで行かず。
マクラでは落語会の仕事の帰りに寄った高速道路のSAでのエピソードを。

米二さんの一席目は、マクラをそこそこに『牛ほめ』へ。
アホが池田の農家へ出かけて家の普請(ふしん)や牛を誉める話なんですが、米二さんが演じるアホは、非常に味があってよろしいです。米二さんのこれを聴きに繁昌亭へ来たようなもん。
この噺の中に、大黒柱に出てくる「お札」は秋葉さんでなく、京都の愛宕さんのものになっていました。米二さん曰く、秋葉さんは上方より遠くの静岡県なので、『牛ほめ』のお札は京都の愛宕さんので通しているとのこと。私自身は「秋葉さん」は馴染みがないし、「愛宕さん」のほうが自然に感じました。

『牛ほめ』を演じられた米二さんは一旦、舞台袖に引っ込み、再び登場。
二席目の『けんげしゃ茶屋』は下ネタの小噺を3つ演じられてから。とくに”気体”と”半固体”の噺は、前のカップルの女性のほうによくウケていました(微笑)
「けんげしゃ」とは験(ゲン)担ぎを気にする方々のこと。そんな験担ぎを気にするお茶屋の家族を、いたずら好きのふざけた(いちびりの)の旦那さんがおちょくる噺です。
言葉で書いてしまえば、単なる嫌な(笑)旦さんですが。。。今回の米二さん演じる村上の旦さんは、そんなことなく、飄々とした雰囲気を出しておられました。
それにしても、この噺聴いて思いましたが、旦さんのいちびりなお遊びに、お茶屋はどこまで寛容でいられるかというのが試されているってことなのか?と。

中入りは15分くらい。

中入り明けは都丸さん。小佐田定雄さん作の『時の氏神』を。喧嘩の仲裁が連鎖している面白さ。古典の『天狗裁き』に通じたおもしろさです。この噺、都丸さんの口演で何度か聴いてきますが、いずれも都丸さんのニンが出ていたように思います。都丸さん噛む場面あったけど、まあそれはご愛嬌。
あと、都丸さんは『時の氏神』を演じられるときには、マクラでは京都から高槻まで乗り合わせた車内での喫煙客とのトラブルのエピソードというか実録ドキュメントの話をされます。この噺は、よう繰られてて、いつ聴いてもおもろいです。

トリは米二さんで『寝床』を。この噺、結構長くて(30分以上あると思う)、演者によってダレることがあるのですが(苦笑)、今回の米二さんのは、ダレることはなかったです。
描写がきっちりだったし、聴きやすかったです。

最後は抽選会。スポンサーの果物屋さんとお菓子屋さんからのプレゼント。
客席のかなりの割合で当たったはず。

二乗さんにさん都さん、とま都さんは客席へ商品を配る役目。都丸さんも登場されました。
とま都さんは二階に何度も商品をもって上がってこられました。
階段の上り下りはエエ運動になったでしょう(微笑)

ちなみに私は「はずれ」。もちろん、これが一番の目当てで米二さんの会に来た訳でないけれど、ハズレだとやはりテンション下がるなあ(苦笑)

午後9時を回っての終演。
米二さんは玄関でお客さんをお見送りされていました。


リンク:
米二ドットコム
都丸倶楽部
どうでもイ〜ラストアーカイブスその268「『時の氏神』桂都丸〜平成紅梅亭(読売テレビ/2007年7月17日放送)」