74a63458.jpg13日は日頃の仕事疲れを癒すためもあって、大阪は此花区にあるスーパー銭湯の「上方温泉 一休」へ行ってきました。
天王寺方面から国道43号線を神戸方面へ。弁天町過ぎて、梅香(ばいか)で高架道路を降りて、伝法6丁目で左折。しばらく往くと左手に温泉掘削の掘っ立ての跡があります。ただ看板は小さいので、見過ごす可能性あるかも。
まあその場合は引き返せばいいんだけど。
無料の駐車場は広め。

恐らく大きな工場が撤退した跡に、設けられたのでしょう。

中に入ると、下駄箱の靴を預け。入場券を買い求めます。
券売機は「やまとの湯」など他のスーパー銭湯と同じですね。

料金は平日700円、土日祝は800円。クレジットカード使えません。
タオルは別で、貸しタオルセット(バスタオルと洗うタオルのセット)が200円が借りられるようです。
#私はタオルは持参しました。

貴重品はセキュリティボックス(100円リターンの鍵式)に預け、脱衣場へ。
脱衣場は100円リターン式のロッカー。つまり財布をセキュリティボックスに預ける前に別途小銭が必要です。

浴室は外湯と内湯それぞれ。広め。
泉質は単純泉で、掛け流しだそうです。
湯温は50.6℃もあるので、それを冷ますために水じゃなく熱交換システムを使っているとのこと。

内湯、外湯のほか、打たせ湯、壺湯や、岩をくりぬいて浴槽にしてあるのもありました。
サウナは塩サウナのほか、スチームバスがありました。
浴槽はコンクリでなく、石や木で拵えたものばかりでした。

日曜日の午前中ということもあり、客は少なく、ゆったり愉しめました。

洗い場はシャンプー、リンスは別でボディソープが常備。

スーパー温泉にしては泉質もよく、風呂の種類も充実していました。
トップランクの施設だと思いました。

なお風呂の上がった後の休憩施設が2階にあり、畳で休憩できるのだそうです
(そこは体験していない。)

アクセスはクルマは以上の通りで、電車だと市バスのほか、JR西九条駅前から無料の送迎バスが出ています(40分間隔。詳しくは以下リンクしているホームページを観てください)。
ネットの口コミを観ると、おばちゃんに人気なようです。

営業時間は朝10時〜深夜2時まで。朝風呂はやってないです。
ただセレッソ戦などサッカーや野球で遠征したときに時間があるときは、試してみても損はないと思いますね。
実際、駐車場には近畿以外のナンバープレートのクルマも止まっていました。長距離ドライブの旅行客が疲れを癒すために来ていたのでしょう。


リンク:上方温泉 一休