20080503C大阪×徳島@長居花園でのラグビーの後、長居へ移動しました。
長居ではバックスタンドにで、厳しい直射日光を浴びながらの観戦でした。
メンバーは前節・愛媛戦と替わらなかったのですが、暑さからか前節のような厚みのある攻撃は見られませんでした。
前半は両サイドから攻め上がるのではなく、安易に中央突破に試み、途中でかっさわれ、カウンターから相手前線のドゥンビア選手につながれるパターンが続きました。しかしDF陣がきっちり対処し、失点は免れました。

香川選手はダ・シルバ選手の徹底マークに遭ってほとんど目立ってなかったので、その分、右サイドにがんばってもらいかったですが、柳沢選手もアレー選手もパフォーマンスがよくなく、アレー選手はパスミスが目立ちました。
ちなみに徹底マークに遭っていた香川選手でしたが、それでも前半にGKの頭越しにループシュートを放ち、ただ者でないところを魅せていました。

硬直した試合展開だったのですが、後半途中に前線の白谷選手から柿谷選手にスイッチしてから攻撃が活性。先制ゴールはその柿谷選手からの左クロス。相手GKが弾いたところを詰めていた小松選手が押し込みました。

終盤は徳島に主導権に握られ、押し込まれる場面が多々でした。それでもジェルマーノ選手の決死のクリアとか、相手シュートが”不動の3バック”であるゴールポストに直撃したりしましたが、失点は免れました。
前線と中盤以降の間にスペースが開き、2点目を奪うのか?守るのか?意思が統一されていないようで。選手たちに迷いが生じているように思いました。

しかし、結果的に1点を守りきり、勝ち点3で、状態がよくない中でも勝ち点3とれたのがヨシとせなアカンのでしょうが。


◆5月3日 長居スタジアム

C大阪 1−0 徳島
(前半0−0)
(後半1−0)

【得点者】小松(C大阪)


リンク:試合結果@J's GOAL


おまけ
その1
4342552e.jpgこの日のセレッソベンチには、通天閣のビリケン像が置いてありました。
前日に前田選手や香川選手が通天閣を訪問したようですね。

リンク:サッカー:J2 セレッソ大阪の前田主将ら、ビリケンさんにJ1昇格祈願 /大阪@毎日新聞


その2
この日は徳島さんが大量のサポーターを送り込んできていました。
大阪〜徳島は1998年に明石海峡大橋が開通して、自動車で3時間でいけるようになりました。
日帰り遠征圏内ということです。
途中の淡路島は、その名の通り、阿波への道となって今年で10年となりました。