63bd0dcd.jpg15日木曜日の夜は千日前・ワッハ上方(大阪府立上方演芸資料館)にある小演芸場「上方亭」での桂米二(よねじ)さんの会に行ってきました。

お客さんがとても多く、補助椅子も一杯でていました。80人くらいは入ったと思います。
この日の演目は次の通り。

みかん屋』桂雀五郎
青菜』桂米二
野崎詣り』桂歌之助
宿屋仇』桂米二

三味線:大川貴子

※中入りナシ。

トップバッターは雀五郎さん。
季節外れなネタの『みかん屋』を。この噺にしたのは(この会の)スポンサーが果物屋さんだから?(笑)
会場をよく沸かせて(あたためて)米二さんにバトンタッチ。

米二さんはマクラで、骨折入院した米朝さんを見舞った話題を。
骨折ったけど、至って元気な人間国宝。前回骨折してから、旺盛な食欲と、酒、たばこの日々。
それもあって、血糖値が上がったそうな。・・・・80歳過ぎてから糖尿病とは。
しかし、落語界に多大なる貢献されたし、もう好きなことさせてあげたらと思いますね。

本編は『青菜』。
夏向きの噺だが、この噺が聴ける季節になったのですね。季節の巡りが早いなあ。

ゲストは桂歌之助さん。
春團治さんの口演でよく聴いた『野崎詣り』は、喜六をかわいらしゅう演じられていました。

トリは米二さんの『宿屋仇』。
「♪源やんは色事師、色事師は源やん」。伊勢帰りの客のアホぶりを軽妙に演じられていました。

トリ後はスポンサーの果物屋さん提供の抽選会。
米二さんの会にはスポンサーさん提供のさまざまな抽選会があります。
天満同心町「丸留」さんから提供のマンダリンオレンジ、マスクメロン、そして旬果のマンゴー(宮崎産)の抽選がありました。

私は何度か米二さんの会に訪れてましたが、当たったことがなかったので、期待していませんでしたが、今回はマンゴーが当選。当たればやっぱり嬉しいもの(笑)

自宅に持って帰って、冷やして家族で頂戴しました。ミルキーな味わい。
マンゴーは食べたことがなかったのですが、感動するほど(大げさではない(笑))美味やったです。

1800円の入場料より高いマンゴーやったと思います。
米二さん、丸留さん、おおきにありがとさんでした。


リンク:
米二ドットコム
果物専門店 丸留