f6b5fff2.jpg21日土曜日は田辺寄席の夜席へ行ってきました。
この日の演目は以下の通り。

開口0番〜文太の前噺〜「き」の巻・狂言 桂文太
七度狐』桂雀五郎
書割盗人』桂こごろう
崇徳院』桂文太
(中入り)
パベット落語『立体西遊記』笑福亭鶴笑
星野屋』桂雀松
抽選会 文太・雀五郎

会場入りしたときには文太さんの「開口0番」が始まってました。
狂言に纏わる話を。
狂言がもとになった落語を紹介されていました。

狂言『骨皮』→落語『金明竹』
狂言『花折り』→落語『鶴満寺』・・・など。

雀々さんが演じられる『鶴満寺』も元は狂言なんですね。

トップバッターは雀五郎さんでしたが、前座にしてはなかなかの出来。
飄々としたキャラクターが出てて、好演やったと思いました。

2番手はこごろうさん。
『書割盗人』は、独自の脚色をふんだんに入れられてました。
間、声の張りもよかった。この日の秀逸。
7月には東京の「大銀座落語祭」に「ラクゴリラ」のメンバーとして行くようですが、東京の耳の肥えたファンを唸らせてほしいもんです。

中トリは文太さんで『崇徳院』。
オーソドックスに噺を進められてました。
少しあっさり仕立て。

c2b777f5.jpg中入りは15分。
中庭で世話人さんご提供のお茶菓子を頂戴しました。
ごちそうさまでした。



中入り明けて登場は笑福亭鶴笑(かくしょう)さん。
今回はパベット落語のほかに、紙切りも披露されました。
どちらも見事で、しかもトークの達者なかた。
パベット落語は、全身を使った人形劇。これで世界を回られているようです。
わかりやすく、子供達にも受けることでしょう。
そして最後は、ちゃんとサゲもついてました(笑)

トリは雀松さん。いつもながらのマクラ噺の後は、本編に。
『星野屋』。かつて上方にあった『五両残し』を江戸落語の『星野屋』をもとに小佐田定雄さんが文珍さんのために再構成。雀松さんは、その文珍さんの口演を聴いて「やりたい」と思い、文珍さんに直接稽古をつけてもらったのだそうです。
文珍さんのと違うところは、女性の表現がしっとりとして雰囲気が出ていたように思いました。

最後は抽選会。
雀五郎さんはマイペースに進められましたね。
文太さん、絡みずらそうやったなあ(笑)

午後8時半すぎに終演。


d65f36d2.jpg



リンク:田辺寄席