八尾市の志紀(しき)に、国道25号と立体交差している国道170号(大阪外環状線)を結ぶ連絡道路があるのですが、その道路の信号の手前で軽飛行機が不時着しました。
ニュースや新聞で写真や映像がでかでかと出ていたので、ご存じでしょうが、よく道路に自動車が止まっていなかったと思いました。犠牲者が出なかったが何よりでした。

このニュースを聴いて思い出したのですが、
10年以上前に職場の先輩が、セスナ機操縦の練習をしていて「その後部座席に乗らないか」という話になり、乗せてもらったことがあります。

事故のあった地点に程近い八尾空港(八尾飛行場)に行き、乗せてもらいました。

八尾飛行場を東(信貴山方面)へ離陸。瞬く間に眼下に八尾や柏原(かしわら)の街。
セスナは下がよく見えるんですよ。高所恐怖症のかたは、即失神でしょう。

その後藤井寺から富田林、河内長野方面へ。
真下に見える藤井寺球場ではプロ野球をやっていました。春3月でバファローズのオープン戦だったと思います。
そしてPLの塔(大平和祈念塔)の真上を進み、そして河内長野上空で急旋回の連続。
後部座席の私はお好み焼きをこしらえてしまいました(汗)

セスナに乗せてもらった貴重な経験は苦い経験でもあります。

八尾飛行場のまわりは、ぐるりと市街地。
今回の事故、ほんとうに惨事にならなくてよかったと思います。


リンク:国道に軽飛行機墜落、搭乗の2人負傷…大阪・八尾@読売新聞