◆8月23日 万博記念競技場

G大阪 1−1 神戸
(前半1−0)
(後半0−1)

【得点者】山崎(G大阪)大久保(神戸)

雨が強く降り続く中での一戦。
ガンバが早々に得点。山崎選手のゴールはJ2ではなかなか拝めないレベルのもの。
その後もガンバに得点機が。
しっかしキックの名手遠藤保仁選手はPKを外すわ、右からのルーカス選手の絶妙なシュートもわずかにゴール左をかすめる(もし逆サイドから山崎選手が上がっていたら決まってたかも)などいろいろあって追加点ならずで、後半終了間際にヴィッセル大久保嘉人選手が放ったループシュートが前に出たガンバのゴールキーパーを嘲笑するかのように彼の頭を越し、ゴールマウスに吸い込まれました。値千金。
そのゴールマウスにもし外れたとしても絶対決めてやるぞという思いで、セレッソのモリシより2cmも身長が低い岸田選手が詰めたのは印象的でした。

試合終了の笛が吹かれると、ガンバサポーター席はぐったり。
敗戦を覚悟していた筈のヴィッセル選手は笑顔。明と暗くっきり。

ガンバはナビスコにACLもあるから、これからも苦しい試合が続くでしょうね。