41551f63.jpg30日夜は、大阪福島「ほたるまち」の朝日放送新社屋内ABCホールでの桂小米朝さんの落語会に行ってきました。
10月に「五代目桂米團治」を襲名する小米朝さん。
今の名前での最後の落語会とのこと。
この日の演目は以下の通り。

『開口一番:ろくろ首』桂そうば
『お楽しみ:青菜』桂小米朝
座談会「小米朝を語る」桂都丸・桂こごろう・桂よね吉 司会:三代澤康司(ABCアナウンサー)、角野啓子
(中入り)
大神楽 翁家勝丸
地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)』桂小米朝

「お楽しみ」はネタ決めしていないという意味。

この日はテレビ収録を兼ねているということで、余り詳しく語るのは控えるとして。

開口一番のそうばさんは、福岡出身でマクラの部分では訛りがかいまみられるのですが、実際に噺の中では気にならなかったです。
小米朝さんは夏の噺『青菜』でした。十八番か。ガンガン爆笑とってました。
さりゆく夏を惜しんで・・・とのことでしたが、秋の噺で爆笑ものはないかなあ?

座談会は、小米朝さんのエピソードを各人が。
やはりというか、エピソードはキリがない「若旦那」。
粗忽(慌て者)な落語の中の登場人物がそのまま噺家になったような・・・。
エピソードも笑えるものばかりで、みな許してしまう。
黙ってたら男前やのにね。
座談会の最後には小米朝さんが登場。顔ひきつってたわ(笑)

中入り、東京からのゲストによる大神楽を経て、小米朝さんは師匠で実父の米朝さんが再興した噺『地獄八景』をサービス満点に熱演。旬な時事ネタたっぷりであった。
致命的なトチリもなかったです(笑)

21時半ごろ終演。
緞帳のないABCホールなので、小米朝さんは『地獄八景』終演後、観客に挨拶。
今後の抱負も。

座談会でざこば師も行ってたけど、現在、先代米團治師を知る人は少ないのやから、小米朝さんなりの新たな「米團治」を描いてってほしいと思います。

04988cad.jpg


おまけ
会場のABCホールは初めて訪れましたが、天井の照明ライトが目立ち、ホールというより、大きめのテレビスタジオといった雰囲気。

5c1e5d39.jpg



客席への入り口には「ONAIR」サインがありましたし、実際に『探偵!ナイトスクープ』や『新婚さんいらっしゃい」などの公開番組が収録されているようです。

朝日放送新社屋は、なにわ筋側から入ると大階段があります。
ABCホールに入るには、その大階段か、堂島川からの木製の大階段を上らなくてはいけません。
この日は台風の影響からか激しい雨でした。木製階段は足下がとても悪かった。
なんとかならないもんかと思いましたね。

リンク:
ほたるまち
ABCホール@朝日放送
ザ・シンフォニーホール・アワー@ABCラジオ(小米朝さんが担当するクラシック番組)