マダム・ロビーナセレッソ大阪のマスコットには、それまで「ロビー」という擬人化した狼(独身男性)のキャラクターがいましたが、それに加えて「マダム・ロビーナ」が登場。26日に初お目見えでした。

※画像はJ's GOALより。

私はその新マスコットが加わることを知らなくて、なかにしさんよりメールで教えてもらった次第。

当日、会場で遠目で見た限り、ロビーに恋人ができたのかと思いましたが、そうではなく母親な役割だそうな。

出来の悪い息子(選手たち)を叱り飛ばす役割?

この強い母親キャラクターの登場で、彼らはますます親離れできないのでは?(笑)

なお、セレッソ大阪の公式サイトには、新マスコットに対して、かなりリアルなキャラクター設定がされております。
大阪のポピュラーは母親像が。
あと付け足すならば、彼女が乗る自転車には、前カゴのほか、後カゴもつけないといけません(笑)
駒川商店街万代百貨店スーパー玉出あたりで調査すればすぐにその実態(笑)がわかります。

それにしても、母親に「おかん」なんて言葉いつから使いはじめたのか?
尼崎の下町出身である「ダウンタウン」がTVで使い始めたという認識ですが。


リンク:
新チームキャラクター「マダム・ロビーナ」ついに登場!@セレッソ大阪公式サイト
おかん、来たる!@日々是あれこれ -草枕日乗-(携帯でも閲覧可能)
J's GOALでの紹介ページ