◆11月15日 長居スタジアム

大阪桐蔭 1−0 近大附
(前半0−0)
(後半1−0)

今年の夏の高校野球の北大阪代表と南大阪代表の対戦でした(笑)

前半の近大附のディフェンスの網を桐蔭のパス攻撃がなかなか破れない状況が続きましたが、後半は近大附ディフェンスのフィットネスが落ちてから桐蔭のパスが回り出し、後半30分過ぎに右クロスからPA内に放り込まれたボールを胸でトラップした後、右足からシュートしたボールがゴール左隅へ。
このゴールが決勝点となり、桐蔭が全国選手権へ初進出。

この日の長居スタジアムはバックスタンドのみ開放(有料)。
メインスタンドは閉鎖でした。
バックスタンドに観客を集めて、ようけ入っているのをテレビ中継したいという意図なんでしょうか?

なお、テレビ中継(読売テレビ)の解説は本並健治さん。
彼は京産大のヘッドコーチを務めていますが、チームはこの日、鶴見緑地競技場で試合だったはず。
コーチを務めるチームの試合より、テレビ解説が優先とは。。。吉本興業所属だからか?(笑)


リンク:本並健治オフィシャルサイト