396c56e2.jpg以前、戎橋のTSUTAYAで借りたCDに収録されていた笑福亭仁鶴さんの落語音源をiPodに移して聴いています。
借りてきたのは『池田の猪買い』だったのですが、それにカップリングされてた『牛ほめ』が強烈でした。
現在の仁鶴師と違い(収録は恐らく昭和50年代?・・・収録日を確認してなかった(汗))とても声に張りがあり、テンポがあり、フラも出てて、とにかく最高でした!

『池田の猪買い』でもそうですが、田舎のおっさんがとても様になってて・・・仁鶴さん自身は大阪の街ん子の出身のはずですが(笑)

大阪市内のTSUTAYAでは、戎橋、梅田の堂山町、あべの橋に多くの一門の落語CDが取り揃えてあるのは確認できているのですが。他は米朝一門(米朝、枝雀)ばかりだったりするので。

以下、amazonにリンクしています。


(2013.8.22 22:50追記)
商品へのリンクを貼り直しました。

口演の収録について。
『池田の猪買い』は1978年9月収録、『牛ほめ』は1973年3月収録。
『牛ほめ』は36歳での収録だったのか!

おもろいし、テンポよいし、笑いがよう弾けてた。
そりゃ、若い人が聴いたら、噺家になろうと思っただろうなと思う高座だったです。