4e2bf71e.jpg元日は花園での高校ラグビー3回戦を観戦。
朝から多くの人。

20090101花園花園は午前中は陽が差していましたが、午後になると霙(みぞれ)交じりの天気に。
半端やなく寒かったです。
生駒山には白いカーテンが被りました。雪が降ったのでしょうね。
第一グラウンドの第一試合終了間際から観戦。

第一試合は、0−7から流経大柏ゴール前での攻防。
尾道は波状攻撃で攻め込んだが、あと一歩及ばすでした。

第二試合は大分舞鶴と青森北のBシード同士の対戦。
大分舞鶴がバックスの展開力で、早々リードを付け、試合を有利に進めました。
とくに舞鶴11番(左ウイング)のキレのあるステップは今後が楽しみな逸材やと思いました。

第三試合は東福岡と西陵の対戦。
西陵は粘りのDFで前回王者東福岡を苦しめましたが、最後は地力の差が出たように思いました。
この日はメインスタンドで観戦しましたが、メイン、バックともに東福岡の応援されているがた(ご父兄のみなさんやと思います)がたくさんおられました。正月返上で大阪に留まって応援されているのでしょう。

第四試合は京都成章が接点での強さを発揮し、ゲームを支配しました。
それもあって、秋田中央は相手陣内に深く攻めあがりも、なかなか得点に結びつけることができませんでした。

第三グラウンドのほうでは、佐賀工と茗渓学園は2大会連続の対戦でまたもドロー。しかも抽選で茗渓が敗れたことも前回と同じ。偶然なんでしょうが。

◆1月1日 近鉄花園ラグビー場

▽3回戦

第一グラウンド
尾道(広島) 0−7 流経大柏(千葉)
大分舞鶴 22−12 青森北
東福岡 22−5 西陵(愛知)
京都成章 34−8 秋田中央

第三グラウンド
國學院久我山(東京第一) 41−5 大阪桐蔭(大阪第二)
常翔啓光学園(大阪第一) 7−3 東京(東京第二)
佐賀工 7−7 茗渓学園(茨城)
桐蔭学園(神奈川) 0−17 御所工・実(奈良)

第4試合終了後に、3日の準々決勝の抽選会。
霙(みぞれ)が降っていたので、屋根のあるスコアボード下にて抽選。

【準々決勝組み合わせ】
大分舞鶴−常翔啓光学園(10:30〜)
東福岡−國學院久我山(11:50〜)
京都成章−佐賀工(13:10〜)
流経大柏−御所工・実(14:30〜)


リンク:第88回全国高校ラグビー大会@MBS毎日放送
http://www.mbs.jp/rugby/