「必殺仕事人2009」のスペシャル(4日放送)と第1回(9日放送)を観ました。

残業していたので、リアルタイムでなく、前のシリーズのときに放映されていた時刻(午後10時)からビデオで鑑賞。
今回、メンツがフレッシュになったけど、映像や音楽はかつてのテイストを保ってて「さすが松竹京都映画」と思わせたけど、肝心の脚本の「悪」の描きかたが中途半端なので、感情が移入できず。煮え切らず。
現代の世相を反映させているのはわかるのですが。

あと仕事人のほうでは、仕事人役の水川あさみ嬢がスペシャル版でいきなり”殉職”とは残念。それも殺陣がへたくそなセクスィーに斬られてしまうのも(笑)
替わりに彼女の妹役として地元高校生が出ることになったが。
単発のスペシャル版は出演できたけど、連続モノとなり、2〜3ヶ月撮影で京都に拘束されるのは人気女優でハースケな水川サンには無理やったのか(笑)


リンク:
必殺仕事人2009@朝日放送
必殺仕事人2009 SP@『ブタネコのトラウマ』 Blog版(私設ブログ)


(2009.1.10 11:30追記)
mixi観てたら、某マイミクさんの日記で第1回放送回の悪の親玉が田宮二郎Jrであることが触れられていました。
云われれば確かにおやっさんに似てたなあ。地味やったが、ニヒルな感じが、仕事人に向いているかと思いましたねぇ。ジャニーズの兄ちゃんより雰囲気で出てるンやないやろかなあ。