桂南光門下の桂こごろうさんが「二代目桂南天」を襲名することになったという。
産経新聞が報じていました。

「桂南天」ですが、先代は昭和47年に亡くなったそうな。私が産まれた年になくなったのですね。南光さんも入門してすぐのことですね。
よっぽどの落語ファンでないと、ご存じのかたはいらっしゃらないのではないでしょうか?

いつまでも「こごろう」ではアカンやろうけど、襲名するにしても「小南光」や「べかこ」ではあんまりやと思ってましたが、「南天」なら師匠の「南」の字が入っているし、ええんやないかと思います。

襲名したら、常盤薬品ののど飴のCMをやってほしいですね(笑)


リンク:桂こごろうさんが二代目南天を襲名@産経関西
(2011.6.7 0:35追記)
桂こごろうさんの「二代目桂南天」襲名の会見が6日、米朝さん、師匠の南光さんが同席して行われたようです。
ようやく襲名ですね。

リンク:「桂南天」40年ぶり復活 こごろうさん、二代目襲名へ@朝日新聞