ebc0830a.jpg25f734a3.jpg91e3fc60.jpg

24日金曜日の夜は、心斎橋そごう劇場での桂つく枝さんの独演会へ行ってきました。
5月に「五代目桂文三(ぶんざ)」を襲名するつく枝さんの今の名前での独演会は、この会が最初で最後だそうです。
会場のそごう劇場は開場以来、いろいろな落語会が催されているけど、私が行くのはこの会が2度目。そごうが心斎橋から撤退し、建物は隣りの大丸が譲り受けるそうですが、劇場も残るのかな?

この日の演目は以下の通り。

ご挨拶 桂つく枝
『狸の鯛』林家花丸
鰻谷の由来』笑福亭生喬
四人癖』桂つく枝
(中入り)
阿弥陀池』桂こごろう
井戸の茶碗』桂つく枝

三味線:吉崎律子

つく枝さんと同期の「ラクゴリラ」なメンバーの登場ですが、「ラクゴリラ」の会場であるワッハ上方の稽古場と較べ、明らかに違う客層(笑)
大阪のど真ん中のデパ上ということもあり、お着物でお越しのご婦人をおられたり・・・と華やかな雰囲気。

午後6時半の開演。
まずは、つく枝さんが舞台袖から登場し、客席にご挨拶。
文三襲名へ至った経緯など披露されてました。

トップバッターは花丸さん。
マクラでは早速「全裸の泥酔タレント」のネタを。このネタは当分の間、東西の寄席の鉄板ネタか(笑)
噺は『狸の鯛』。江戸落語ベースなのか?聞き慣れない噺。
それでも花丸さんらしい独自のアレンジが見られました。
「・・・滝登り」なサゲを聴いて、この噺を選ばれたのは、襲名へ向けてのつく枝さんへの餞(はなむけ)か?

2番手生喬さんは心斎橋に近い鰻谷(うなぎだに)に因んだ噺。
鰻谷の地名の由来はあの細長い通りからかと思っていましたが、別の由来があったようで(笑)
噺を聴いてて、鰻の蒲焼きがやたら食べたくなりました。
生喬さんは噺の後、踊りを披露されてましたが、客席に踊りのお師匠さんらしき観客が見えているのがわかってから、緊張されている様子でした(微笑)

つく枝さんの1席目は『四人癖』。十八番なんでしょうね。
つく枝さん、ようウケてはりました。

中入りは10分ほど。

こごろうさんは、『阿弥陀池』。
過剰目の演出でしたが、たくさん爆笑しました。

つく枝さんの2席目は『井戸の茶碗』。
ラジオでも聴いて、生でも聴いたことがある噺。
役人が民間が不正を働く時世だから演じて意義のある噺。
あまりにもすがすがしすぎて、ついていけてないんですが。
3人の正直者の登場する噺ですが、とくに2人のサムライの間を右往左往する紙屑屋がつく枝さんのニンに合っているように感じました。

午後9時前の終演でした。
なお、つく枝さんの文三襲名は5月16日のNGKなんばグランド花月にて。そちらも観賞の予定。


リンク:
桂つく枝の満腹日記
出没!ラクゴリラ