長居での国際グランプリ陸上を観戦しようと考えていましたが、別の予定のため、観戦断念。
自宅でセレッソ戦のテレビ中継を視ました。
メンバーは、出場停止の酒本選手に替わり、平島選手がスタメン。
ベンチにはごりごり前田選手の名前も。

  カイオ
  香川 乾
 石神  平島
 黒木 マルチネス
羽田 チアゴ 江添
  金鎮鉉
(控え)
多田、藤本、濱田、前田、小松

前半から荒れた展開。
早々にザスパにミドルからゴールを放り込まれ、劣勢となったけど、その数分後に香川選手のパスから、ゴール前の乾選手が受け、同点ゴールに。
そしてその数分後には、カイオ選手が相手守備陣のミスを突いて、ゴール前でのスライディングシュートがゴールマウスに吸い込まれ、勝ち越し。しかし、その際に相手DFの激しいタックルが直接カイオ選手の足首に入り、カイオ選手が負傷。小松選手に交代となりました。試合後には、治療を終えたカイオ選手が杖をもって現れました。骨折ではないようですが、長期離脱にならなければいいのですが。
この後、前半終了間際にはセットプレーから羽田選手にゴールが生まれ、3−1で折り返し。
後半は運動量が落ちてから、ザスパ選手によるミドルな位置からのシュートの雨あられ。
そのうち、ザスパ選手の強烈なミドルシュートのこぼれ球を都倉選手に拾われ1点を返されてしまいました。
スコア3−2。
このまま危ない展開が続くかと思いましたが、カウンターからパス1本。前線の香川選手にわたり、彼ならではのボール捌きでゴールを決め、再び2点差に。
最後は両軍、ジャブの激しい打ち合いで終了。消耗戦やったです。
ザスパが最後まで前がかりだったこともあり、最後まで愉しめました。

失点は1点目は仕方がないとしても、2点目はなんとかならなかったか?と思います。
都倉選手はフリーやったからねぇ。

762ba99d.jpg20090509草津×C大阪-2香川真司と乾貴士

◆5月9日 前橋・正田醤油スタジアム群馬(群馬県営敷島公園陸上競技場)

草津 2−4 C大阪
(前半1−3)
(後半1−1)

【得点者】小池、都倉(草津)乾、カイオ、羽田、香川(C大阪)

リンク:試合結果@J's GOAL

おまけ
二段熟成マン@正田醤油スタジアムこの日の試合前の始球式では、スタジアムスポンサーの正田醤油の商品が着ぐるみになったマスコット「二段熟成マン」が登場していました。

長居では「シャウエッセンマン」が登場したことがありますが、パッケージや瓶が顔も描かれてなくて、そのまま着ぐるみで動くのは、とても奇異に感じます。

あと正田醤油は、TABASCOの輸入元なので、「TABASCOマン」なんて出てくるかどうか・・・・ライセンスの関係で難しいかもしれません。


リンク:正田醤油