2002年から03年にかけて約1年弱ほど、仕事の関係で石川県にいました。
そのとき初めて日本海側で冬を越しました。娯楽は少なかったですが、食べ物が旨かったので、救われました。

そのときまで北陸に行くことはほとんどなく、地元の食べ物をたべることはなかったのですが、その1年ほどでいろいろなものを食べました。
石川県は、日本海が前にあり海の幸が豊富。かつ、バックには白山連峰が聳え(そびえ)、豊かな水。そして米や地元の野菜である加賀野菜。米と水が旨いということは、酒が旨いところで、日本酒も旨かったです。

金沢は京・大坂に由来しているのか?出汁は薄味です。
そのため、加賀野菜を使った煮物やおでんが美味しかったです。

また海の幸が豊富なこともあり、金沢市内をはじめ、回転寿司店がとても充実しています。
回転寿司店のベルトコンベアーは石川県のメーカーが製作しているのが殆どやと思います。地場産業になっているんですな。

先月末に富山でのセレッソ戦観戦を兼ねた北陸での一泊を金沢にし、その夜を市内で飲食しました。
この夜に寄ったのは、片町交差点近くにある「赤玉本店」。
金沢では有名なほうの部類に入るお店です。
2階には入ったことがないですが、1階は厨房を囲んでぐるりカウンターだけのフロアになってます。

ced01c8b.jpg


ビールを頂戴した後、後は地酒の「天狗舞」を愉しみました。

d3031b03.jpg17c3ca48.jpg



アテのほうは、地魚の造り、出汁が旨いおでん種。そしてこの時期が旬の白エビ(しろえび)の唐揚げを頂戴しました。新鮮な白エビをからっと揚げて、それに塩がかかっていました。旨かったです。
白エビは脚が早いようで、東京や大阪では食べられないんじゃないかと思います。
冬の「かぶら寿司」もそうですが、金沢まで行かないと食べられない旨いものがあってもいいと思います。

金沢は「赤玉本店」に限らず、おでん屋さんをよく見かけます。JR金沢駅のショッピングモール内になる「黒百合」というお店も何度か訪れました。ここも美味しいお店です。
前述の通り、金沢は娯楽がないので、なかなか行く機会がないですが、お酒(とくに地酒)好き、魚好きなかたには、お勧めしたいです。

「赤玉本店」を出た後は、犀川大橋寄りのビルにある「8番らーめん」に行きました。
「8番らーめん」は石川県を拠点に、北陸3県に手広く店を出しているチェーンです。
石川県出身者で「8番」のことを知らない人はいないと思います。
味自体は東京や大阪で旨いラーメンを食べてきたひとたちに向けてはとくに特筆するものではありませんが、地元のひとたちのアイデンティティのひとつやと思います。
東京の人が「竹輪麩が旨い」と云っているのと同じやと思います。
私も久々に8番らーめんを懐かしく食べました。

4257ea04.jpgbdc12062.jpg



今季の週刊サッカーマガジン別冊の選手名鑑号にJリーガーに「好きなラーメンは?」と聞いていますが、富山県小杉町(現・射水市)出身の柳沢敦選手@京都サンガは「8番らーめん」と答えていましたね。
懐かしい味でなんでしょうね。


リンク:
おでんの赤玉本店
おでんの黒百合
8番らーめん
石川県酒造組合