43208bfd.jpg6月に閉場するなんば新歌舞伎座のサヨナラ公演「その男」に行ってきました。
新歌舞伎座が6月に閉場。来年に上六(近鉄劇場跡)に移転するということで一度中を見ておこうと思い、観賞を決めました。

全編時代劇で、出演する役者も若い人が多いのですが、劇場が「新歌舞伎座」ということで、陣取った客席のあたり(前から4列)は、圧倒的に年配者(60歳以上)だったなあ(汗)
これが「シアターBRAVA」とか「梅田芸術劇場」だったら、違った客層になっていたかと思います(笑)

公演時間は延べ3時間(休憩を省いて)で、正直長く感じましたが、ライヴで拝む殺陣は迫力満点!新歌舞伎座の広い舞台を生かしていました。
凄腕の剣士役の上川隆也氏(座長)の眼力(睨み)は大した物。
あと、彼の奥さんになる内山理名さんも好演。TVや映画で観たときより、かわいいオーラを出してたなあ(笑)

殺陣のバックで流れる津軽三味線上妻宏光氏の演奏も心地よかったです。

なお、この公演は明日27日で終了。千秋楽は上妻氏の生演奏があるようです。
6月オーラスは「杉良太郎プロデュース公演」だそうです。
新歌舞伎座といえば、杉さま(笑)新歌舞伎座最大の功労者ですわね。


リンク:大阪なんば新歌舞伎座