20090523C大阪×福岡-120090523C大阪×福岡-2
23日土曜日の午後は長居でのセレッソ×アビスパ戦へ。
キックオフ前にはバックスタンドにビッグフラッグが掲げられ、選手たちを鼓舞。
メンツは前節と替わらず。

   小松
 香川  乾
石神    平島
 黒木 マルチネス
羽田 チアゴ 前田
   金鎮鉉
(控え)
多田、江添、酒本、濱田、西澤

試合は前半はアビスパがガツガツ来る展開。
アビスパはディフェンスは堅くそして速攻から何度もセレッソゴール前へ。そしてシュート。
しかしボールはバーを直撃。それが何度も。3失点分は免れたと思います。前半は”不動の3バック”が殊勲。
そんな中、前半終了間際に、香川真司選手から乾貴士選手へのパス。そして先制ゴールに。乾選手らしい相手DF陣の裏を突いた動き。リードしてハーフタイムに。
しかし、後半入って8分ごろに、カウンターからアビスパ大久保哲哉選手に同点ゴールを決められてしまった。彼はセレッソ戦で本当に活躍する選手。それに大きなガタイやけど、1対1で負けてたらアカンなあ。J1はもっとごつい選手はいっぱいおるねんで。
先発小松塁選手はゴールを決められず、後半20分に西澤選手と交代しました。小松選手はアビスパの田中誠選手に応対され、目立ってませんでした。
勝ち越しゴールはその数分後。西澤明訓選手から香川真司選手に当たって、最後は乾選手に。セレッソ新旧世代のトライアングルな連携。これを待ってたで。このゴールが決まってから、アビスパのフィットネスがガクンと落ち、セレッソの攻撃力が発揮されました。
後半30分過ぎには、カウンターから一気に速攻。そして乾選手へ。前に出たアビスパGK吉田宗弘選手は、味方DFと交錯。乾選手のシュートに対応できませんでした。
そして、後半34分ごろには、またも乾選手。吉田選手はこれも前に出てセーブようとしましたが、乾選手はその吉田選手の頭上を越えるループシュートを放ち、それがゴールに。1試合4ゴールを達成。
彼は相手DF陣の裏をかいた動きでシュートチャンスをつくる訳ですが、特別に動きがよかったと言う訳でなく、それがぴったりハマりました。今までやってきたことがようやく実になりました。

20090523C大阪×福岡-320090523C大阪×福岡-420090523C大阪×福岡-5



試合としては、1対1で負けてるとこなど改善せなアカンところもありますが、前節に続き3点差で勝利し、首位で第一クール(全51試合のうち17試合を消化)を終えられたのは大きいです。

あと、この試合で香川真司選手の累積警告が4枚になったので、次節のヴォルティス戦(5月27日@鳴門)は出場停止になりました。彼はW敗予選の全日本メンバーに選ばれているので、このままチームを離れることになりますね。出場機会を得られたら、暴れてきてほしいです。

20090523C大阪×福岡-6


◆5月23日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

C大阪 4−1 福岡
(前半1−0)
(後半3−1)

【得点者】乾4(C大阪)大久保(福岡)

リンク:試合結果@J's GOAL

(2009.5.24 12:50追記)
下の画像は24日付けの日刊スポーツ。
b9618b7e.jpg