f3275baf.jpgc4e3d1e6.jpg15031fd4.jpg

7日は岡山・桃太郎スタジアムでのファジアーノ×セレッソ戦へ。
6日に広島でご一緒したなかにしさんご夫妻と観戦しました。
この日の布陣は次の通り。
カイオ〜香川・乾〜マルチネス〜チアゴが抜け、すっぱりBチーム的布陣。
3ボランチで小松〜柿谷選手の2トップ。

    小松
 柿谷
石神     酒本
 黒木  濱田
   藤本
羽田 江添 前田
   金鎮鉉
(控え)
多田、山下、平島、西澤、苔口

結果として3枚のボランチは前線への配球がスムーズでなかったし、機能していたとはいえず。前線の2人は、小松選手はボールを受けてもキープできず(もともとボールキープが巧い選手ではない)、たちまち相手に奪われるわ、柿谷選手は自身が汗掻いて動き回るタイプでないので、彼らのシャドーで動く乾選手の離脱が大きいことを痛感。
0−0で折り返した後半にファジアーノはフレッシュな選手を投入。豊富な運動量でファジアーノに主導権を握られるも、相手のシュート精度の悪さに助けられる。
後半30分近くにクルピ監督はようやく重たい腰をあげる。江添選手を下げ、ボールキープ力のある西澤選手を登場させる。効果覿面。俄然攻撃に厚みが増す。
右サイドも酒本選手から平島選手に交代し、サイドを活性化させる。
そして後半40分ごろ。先制ゴールは前線での柿谷選手と濱田選手の細かいパス交換から相手DF陣を混乱させると、最後は柿谷選手。ようやく均衡を破る。
その数分後にはカウンターから濱田選手がドリブルで右サイドを駆け、逆サイドの柿谷選手にクロスを挙げると、これを柿谷選手がワンタッチでゴールを決め、この日2点目。

04ad1a4c.jpg


消耗戦の中、終盤に2得点を挙げ、ファジアーノを制しました。

b7195ad8.jpg



◆6月7日 岡山県陸上競技場桃太郎スタジアム

岡山 0−2 C大阪
(前半0−0)
(後半0−2)

【得点者】柿谷2(C大阪)

リンク:試合結果@J's GOAL

おまけ
その1
桃太郎スタジアムは津山とは別メニューのフードコートでした。
それなりに充実していました。
マンゴーのデザートは旨そうやった。
お好み焼きスティックは焼きが甘いように思いましたが、片手で食べられるのはいいです。
お弁当だと、下を向いて食べることになり、ボールから視線を切ってしまうことになるからね。

19a118c0.jpg


その2
試合後、スタジアム正面前で選手たちを出待ち。選手たちの後クルピ監督も出てきたので、ツアーバスのサポーターさんが退いた後に出てきたのは西澤選手。監督の後に出てくるとは。気分は「総監督」か(笑)
そこへ敗戦したファジアーノのサポーターが西澤選手が詰め寄る。
何かあるかと思ったら・・・・詳しくは、nakanishiさんブログへ(笑)

リンク:http://nakatake05.blogcoara.jp/nakanishiyaweblog/2009/06/2090-fdb8.html#more

その3
その後、JR岡山駅まででご夫妻と歩きながら試合を振り返ることに。
公園を出ようとしたら、集っていたファジアーノのサポーター連から握手を求められ、労いのことばをかけられました。 サッカーでも「ノーサイドの精神」が在るのかと思い、清々しい思いで帰途につきました。
サポーターと呼ばれる中には敗った相手のファンに対し、モノを投げたり、ただ煽るだけしか能がないアホらもいますが、Jリーグのサポーターにはそういう輩ばかりでないことをわかっていただきたいです


その4
桃太郎スタジアムへのアクセスを。
JR岡山駅の西口から大きな道を岡山大学方面へ。徒歩だと15〜20分くらい。
ショートカットしようと裏道に入らない限り迷うことはないと思います。
シャトルバスも出ているようですが、十分歩ける距離です。

他、マイカーの場合は、桃太郎スタジアムのある岡山県総合グランドには十分な駐車スペースが用意されていないので、周辺のコイン駐車場を利用するなどして下さい。

587c9cc1.jpg3e76be63.jpg